« 春の海辺 | トップページ | サクラマス »

青い空に碧い海

No0411as

昨日と似たような写真になりますが・・・

いつ見ても、ここにこの像があるのは、不自然な気がします(笑)。

さて、昨日は地震で目が覚めました。

縦揺れと横ゆれの区別がハッキリしないので、震源が近いのかなと思っていたら、大仙市が震源地の比較的大きな地震でした。

強首地震からおよそ100年、象潟地震からおよそ200年・・100年周期の大地震の前震では無いことを願っています。

貞観地震から約1100年ということで、東日本大震災は、1000年に一度の規模の大地震の再来だと言われています。

で、気になるのが、この貞観時代のこと・・日本各地で強い地震が頻繁に起こり、火山の大きな噴火も多発した自然災害に人々が悩まされた時代だった。

この先、地震や噴火が多発するようになるのかと、心配になります。

目の前の鳥海山・・長い時を越え、活動期に入らないでよねと・・・

でも、自然災害・・起こることは防げないわけで、心配ばかりしていないで、できる限りの準備はと・・考えるのです。

今回の大震災、原発事故で明らかになったように、行政は信用できない・・政が逃げろと言ったときは、時既に遅し・・そう思い、自分の判断で行動をすることにしています。

道の駅象潟「ねむの丘」(にかほ市)にて

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

|
|

« 春の海辺 | トップページ | サクラマス »

Facilities, Place」カテゴリの記事