« 夜明け | トップページ | フクジュソウ »

夕日を見つめながら

Ny1103as

フクシマダイイチ・・固有名詞となり、世界史にその名を残すことになりました。

チェルノブイリ、スリーマイル、ウィンズケイル・・これらと並ぶ不名誉な出来事でのこと・・でもまだ、この歴史もまだ始まりにしか過ぎません。

世界を驚愕させた大事故・・それなのに、事故を起こした会社の社長は、心労を理由に雲隠れ・・信じられませんね。

普段は会社が不祥事を起こすと、徹底的に糾弾するメディア・・でも、今回は社長の雲隠れを非難するメディアは皆無です。

黙っていても売り上げが上がるのに、毎年莫大な広告費を使っていた理由・・それが垣間見えますね(笑)。

放射性物質・放射能汚染を気にしながら、これから先、とても長い年月を生きて行かなければならないかと思うと、とても気が滅入ってきます。

そんな気分を吹き飛ばそうと、久しぶりに夕日を眺めに行ったしだいです。

きれいな夕日を見ながら、こんな時こそ、心に太陽をと誓ったのでした。

でも、希望を持って前に進もうとしても、邪魔ばかりする行政・・利権擁護に奔走する姿勢は、大惨事にもかかわらず直らないようです。

IAEAが避難したほうが良いと勧告しても、政府は、直ちに避難しなくても大丈夫と言い、危機感が感じられません。

浄水場の検査で基準値を超える放射性物質を検出していても、直ぐに、飲むなと警告をしなかった自治体もあったとか・・しかも、値が下がったから安心だなんて、それを子どもが毎日飲み続けたら将来どうなるのか?

安心して暮らすために税金を払っているはず・・でも、国民の安心・安全は後回しの対応をする国家です。

このことを肝に銘じ、幼い子ども持つ親御さんは、自分の判断で自分の子だけは守る、そう決意する必要があるのかと・・・

政府の直ちに問題が無いは、その後、やっぱり影響があった・・そんな歴史、過去に何度となく繰り返されています。

大本営発表にくれぐれもご注意を!!

秋田で見る日本海に沈む夕日・・いつ見てもきれいです。

きっとまた、良い夜明けが来るはずです。

末筆ながら、長らくの間、拙ブログのご愛読をいただき、誠にありがとうございました。

それでは・・お元気で・・・

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

|
|

« 夜明け | トップページ | フクジュソウ »

Facilities, Place」カテゴリの記事