« 青い空に碧い海 | トップページ | 雪融けの風景 »

サクラマス

Sm0411as

この季節の魚、サクラマスを買いに、道の駅象潟「ねむの丘」(にかほ市)の直売所へ・・・

旬の魚は脂が乗っているので、とてもおいしいですね。

さて、スーパーでは、産地偽装品やあいまいな基準値で出荷されている放射能汚染の野菜、魚などが売られているので、このような時は、地ものを取り扱う直売所の方が安心できます。

でも、なぜ、消費者が苦労をして、安全なモノを探し当てなきゃならないのか??・・つくづく困った国だなあと・・そう思うわけです。

そもそも国がデタラメ基準値を設けて、放射能汚染されたものを無理矢理流通させなければ、こんなことにはならないはずです。

逆に基準値を厳しくし、汚染された野菜などを流通させなければ、こんな風評被害は無かったはず・・産地偽装を怪しみ、全く汚染されてない野菜まで敬遠されているのは、全て国の政策が間違っているからだと、そう思っています。

国が補償をしたくないがため、国民を犠牲にすることを選ぶなんて、言語道断です。

子どもへの放射能汚染食品からの食害を無くすために、色々と策を考えているのですが、産地偽装が簡単なこの国では、加工食品に簡単に紛れ込むので、そこをどうするのか??、悩みどころです。

自宅では、避けれても、学校給食に紛れ込む恐れがあり、それを心配しています。

全国各地で、福島県産の野菜を学校給食に積極的に取り入れようとしている動きがあるのですから、なおのこと心配になります。

食べさせられる子どもたちのことを考えると、首長たちは鬼畜かと・・そう思ってしまいます。

秋田でもと、言わないでねと願っているのですが、えふりこぎなので、右にならえなのでしょうか!?

余計なことを言い出さないためにも、知事にはそのまま入院し続けていて欲しい、良くない言い方かもしれませんが、そうまで思ってしまいます。

もし、福島県及び隣県産を取り入れると言い出せば、給食を拒否し、自宅から弁当をもたせるという自衛をするしかないのかなと・・・

二次被害を防ぐためには、放射能汚染されたものは囲い込むべきだと思うのですが、行政はその逆を行っています。

基準値を超えたものも、大手スーパーで売られていたサンチュのように、一部の善意が無い業者が裏で流通させています。

汚染された家畜の他県への移動も始まっているようです。

そのうち、福島で汚染されていた家畜のものが、他県産とされ、流通することになります。

反対意見があったのに、子どもたちへの放射線許容量・・根拠無く引き上げた大人と同じ量で運用させることになり、汚染されたグランドがある学校へ通うかどうかは、親の判断に任せられることになりました。

原子力特会や天下り法人が20以上もある原子力村は温存して、復興のために庶民を苦しめる増税をすると言い出した政府・・国民の安全安心を守るよりも、官僚主義を貫くことが優先のようです。

なぜ子どもたちを最優先に守ろうとはしないのか??・・この国の行政の腐敗ぶりを改めて感じるのです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ

|
|

« 青い空に碧い海 | トップページ | 雪融けの風景 »

Gourmet」カテゴリの記事