« 駅前通り | トップページ | 合戦の跡 »

内陸線

Na1102as

いつも見ているおばこ号とはまた違った雰囲気だなあ・・そう思いながら眺めていました。

赤字に悩んでいることは同じ・・利用客を増やそうと色々とイベントをしかけているようですが、赤字を大幅に改善するには至っていない様子・・まあ、沿線住民の足として設けられた鉄道、その住民が減る一方ですから・・乗客の増加は難しいだろうなあと・・・

利用促進にと構想されていた奥羽線との直行運行・・県は来年度の予算計上を見送ったとか・・時間をかけて需要の見込みを見極める必要性が見送った理由だとか・・・

需要が見込めない市街地の開発とか、美術館の移転は即決するのに・・おかしな理由・・役人へのキックバックが見込めない・・そういう判断なのでしょう・・県のやることは分かりやすいですね(笑)。

地域の人たちが安心できる材料が提供できるのであれば、高くはない費用だとそう思うのですが・・・

以前は、鉄道の存続に税金での補填はちょっと・・なんてことも思っていたのですが、高齢化する地域と原油の高騰・・そんな背景を考えると、マイカーがなくても生活できる環境を税金を投入してでも実現すべきではと、考えるのです。

ローカル鉄道を残すためには民間の力では無理・・いっそのこと税金で全て賄い、無料開放すればとも・・・

その結果、住みやすいということで、沿線の人が増え、町にもっと活気が出ればれば結果オーライではないのとそう思うのです。

運営費用なんて、沿線や県内に巣くう、税金を無駄食いしている公職の方々をちょこっと整理すれば簡単に捻出でるのですから・・・(笑)

役人貴族社会の維持に血税をつぎ込むぐらいなら、鉄道の維持に使った方が有用かとそう思う今日この頃です。

秋田内陸縦貫鉄道 阿仁合駅にて

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|
|

« 駅前通り | トップページ | 合戦の跡 »

Facilities, Place」カテゴリの記事

Quip」カテゴリの記事