« ポインセチアタワー | トップページ | 晩秋の風景4 »

秋の終わりに

Hs1011as

朽ち果てたソメイヨシノの姿・・たくさん目に付くようになりました。

桜の名所として親しまれてきたここもそろそろ限界なのかなあと・・・

この種の名所の維持管理・・難しいものだなと・・そう感じたしだいです。

本荘公園(由利本荘市)にて

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|
|

« ポインセチアタワー | トップページ | 晩秋の風景4 »

Facilities, Place」カテゴリの記事

コメント

そうですよね

弘前公園みたいに
お金をかけて維持しているのと違い

ほそぼそとやっといての限界ですよね。

もう少し、考えてもらいたいよね。

投稿: ginchan | 2010/11/23 06:48

ginchanさんへ

>ほそぼそとやっといての限界ですよね
>もう少し、考えてもらいたいよね
桜の他、ツツジなど公園の木々を管理しているのかどうかもあやしい感じでとても残念に思います。

市の花が桜で、さくらマップの作成や「さくら満開のまちづくり」なんて行っているわりには、
やっていることはハコモノ行政・・新しい公園の施工が主目的で、既存の名所を維持しようという
姿勢が見えないですね。

本荘公園も数年前に整備されたもののやったことは遊歩道の新設と本丸の館と修身館のハコモノ造り、
なぜ桜に我々が払った税金が回せないのか・・役人のやることは摩訶不思議です(笑)。

投稿: arube | 2010/11/23 18:17

こんばんは。
いつもブログにコメントを頂きありがとうございます。

もう少し何とかなりそうなものですが
どうなのでしょうか・・・・。
なかなか難しいですね。

全部ポチッと応援させて頂きます。

投稿: ぼんじょるの | 2010/11/23 23:54

弘前・角館の桜、西木のかたくり、大曲の花火、矢島のヒルクライム
全国区に進出するには、箱ものをつくる以上のお金、時間がかかります。
人材育成、それが続いていくためのテンションの維持など...

由利本荘市の桜で町おこし計画はこういった出費を、地域住民のボランティアで
まかなうようですがうまくいくのでしょうか。
儲かる人と汗をかく人、出費する人が違う町おこしの維持、拡大は失敗するケースが
多いので不安です。

投稿: ねぷかけ乗り越し | 2010/11/24 16:30

ぼんじょるのさんへ

応援ありがとうございます。

>もう少し何とかなりそうなものですが
>どうなのでしょうか・・・・
人口に対し、施設が多すぎるので、予算が回らないのかと思っています。
国がよこす予算は、ひも付き、新規ハコモノ限定なのでしょうから・・
新しいモノが次々できても、またその維持ができなくて寂れてゆくだけなのになと・・・

投稿: arube | 2010/11/24 19:55

ねぷかけ乗り越しさんへ

コメントありがとうございます。

>由利本荘市の桜で町おこし計画はこういった出費を、地域住民のボランティアで
>まかなうようですがうまくいくのでしょうか
桜の町として知られ、観光に人が来ていたのであればまだしも、
今まで行政側が管理していたのを、これまた行政側の都合で、地域でやれと急に言っても、
たぶんうまくは回らないだろうなあと、そんな気がします。

合併し、行政をスリム化できるだけして、それでも予算がないというのでもなく、
正職員の削減は進まず、並外れた厚遇も維持されたまま、一般市民は納得しないかとも・・・

投稿: arube | 2010/11/24 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/37794176

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の終わりに:

« ポインセチアタワー | トップページ | 晩秋の風景4 »