« カールじいさん | トップページ | 雪の動物園 »

日赤病院跡地

Ns1002as

秋田市中通にある旧日赤病院跡地、再開発に向けた最終の予算審議がされているということで、にわかにメディアをにぎわせております。

とはいうものの、着工は規定路線、メディアへの論議の露出は、議会が議論を尽くした上にGOサインを出したと言いたいがための一種のセレモニーなのでしょうけどねえ!?

10年も長い歳月をかけて構想を練り、それはそれはすごいものを造るのかと思ったら・・にぎわい交流館・・ですって(笑)、小ホールやちょっとしたイベントスペース、テナントは秋田のものを取り揃えた・・そう、物産館のようなもの、それに、美術館をプラス・・これって、すぐ側にあるアトリオンと同じなのではと・・・??

歩いてすぐに行ける距離にある建物と同じ機能を持つ建物をもう一つ隣接して建てる・・しかも、150億円もの税金をかけて・・はっきり言って、これって・・ムダ・・ですよね!?

アトリオンでさえ、テナントが撤退し、空洞化しようとしているのに、人口が激減している県にもう一つ同じものなんて、行政の感覚は狂ってます。
おもしろいことに、このアトリオンと何が違うのってこと!?・・誰も問いません・・みんな気が付いていないの??・・見えないふりをしているだけですよね!?

なぜ、空き地ができると行政はハコモノを造りたがるのでしょうか??

せっかくできた空間ですから、跡地はイベント広場のある公園と無料の駐車場にして、気軽に足を運べるようにすれば!?
ハコが無くてもJAZZフェスティバルなどの魅力ある催しはできるのですから・・ソフトにお金をかけた方がと・・個人的にはこれを代替案として、と思うのです。

でも、知事が言うには、
「あれをそのまま広場にするというのは可能ですけれども、その場合、再開発ではありませんので」
だそうで、巨額な資金が利権者の手に渡らないと再開発とは認めないそうです。

人が集まっても公園では血税が浪費できない、だから多くの県民にとって不必要だと分かっていてもハコモノがいるのだと・・なので、行政主導の再開発は全国どこでも大失敗に終わり、再度税金投入で後始末ということですね。

県議会でも面白い質問が出ていますね。

「ここにアトリオンにある献血ルームを移転してはどうか?」
すぐ目の前の場所に移して・・しかも税金で・・何の効果があるのか??
しかもアトリオンがまた空洞化するだけでしょう!?

「免許センターの機能を移転してはどうか?」
そんな、車でのアクセスがとてもとても不便な駅前に移してどうするの??
しかも、免許の更新のために駐車場代を払わないといけないの!?

下手な漫才を見ているよりも面白い議会です・・でも、我々が払った税金が使われる話・・しゃれにならないお笑い芸です。

それにしても、今頃こんな陳腐な議論をしなければならないほど、ここをどうするのか・・事業の中身が決まっていないのに、着工に向けた予算審議を今の段階でしているのでしょうか??・・民意不在の議会は摩訶不思議な世界です。

「これまで約10年間・・・、県と市と商工会議所、そして再開発組合が基本合意ということで足並みを揃えてやろうということで、現在まで走ってきているということ。そして、民間も秋田市も相応の負担をして、県もそれを前提に支出をして・・・」
と知事は会見でぶちまけてはいるのだけど、
この10年で環境が大きく変わったことを無視して、基本構想を貫くこと・・この姿勢って正しいのですかね!?

この言葉なんて、一般県民の民意を無視して、行政側、業者側の都合だけでやりたいって・・そう聞こえるのです。

民間がと言いますが、丹青社・・事業縮小でうまみがなくなったので、やっぱり参画するのは止めたいって言っていますよね。
ホテルハワイは閉鎖、イトーヨーカドーも撤退表明、ニューたけやは閉店、秋田ニューシティ(ちょっと遠いけど)も閉鎖、取り壊し・・そうなんですよね、民間が商業スペースとして駅周辺は魅力無しと宣言しているのに、新しい立派なハコモノを造れば人が来ると・・まだ行政は言い張っています。

行政側は何かある度に言います。
「秋田駅は県の顔、そこが空洞化していると他所から来た人に対し恥ずかしい」・・と、

でも、都市部でも駅前よりも郊外がにぎわっているのは当たり前、これは今の時代、ハコモノ再開発の理由にはならないと言えるでしょう。

駅前が空洞化したのは、マイカー時代になってもこれに適切に対応しなかった・・アクセスが不便な場所が商業エリアとしての魅力を失っただけ・・魅力ある建物が無いからではありません。
だから、アトリオンを造っても、アルヴェを造っても、アクセスの不便さの解消には着手しなかったので、にぎわいは戻ってこなかったのではと。

ということで、ここは無料駐車場として開放するのが人集めにはもってこいかと、だって、かつて空き地を駐車場として無料開放した時、駅前に来る人が大幅に増えた実績があるでしょ!?
人が来れば後は民間が勝手に開発しますよ・・民間の商業主にとって魅力的な土地は人が集まりやすい土地・・でも、ハコモノでは人は集まらない・・郊外にあって駅前にないのは大きな無料の駐車場・・これを無視してはだめなのではと。

さて、県立美術館の移転、これはここへの集客の目玉だとされていたのですが、知事曰く美術館の移転にて、「人を呼び込める学問的な(論理的)根拠というのはなかなかないです」だなんてとんでもない発言しております。

じゃあ、そもそも何のためにここに移転させるのか、反対運動が巻き起こっている中・・そう思うのですが、知事は各方面とのお約束を守るという大人の事情があるとかで、周りが何を言っても聞く耳を持たないかのような答弁を繰り返しています。

知事はさらに、
「むしろそれよりも、貴重な美術資源をどう活用して、秋田の美術的な水準をアップさせるのか、まちづくり、あるいは教育に生かしていくのかという視点が必要ではないかと思います」
と発言しています。

じゃあ、どのように魅力的な美術館にするのか決まったのかと言うと、
知事、
「まだ完全にできておりません」
だって、ひどいものですね・・大笑いです。

だったら、ひとまず凍結すれば?・・と単純に私はそう思うのです。
計画すら完成していないことに加え、当初予定していた県の負担金額も地価の暴落により大幅にアップ、現美術館の面影を残すデザイン・・これも平野財団との約束が守られていない・・そんな状況ですよ!!

反対している団体は、「建物と絵が一体となった美術館」・・現美術館の建物と世界のフジタの作品が共存していることに価値があり保存すべきだと訴えているのですが、

知事は、
「あの建物にどのぐらいの文化的価値があるかどうかというと、私の基準としては文化的価値というのは100年以上の建築物について文化的価値があると、それより短いものは好みの問題だと思っています」
とあの建物のデザインが良い、保存しろと言うやつは馬鹿だと言わんばかりの暴言を吐いております。

さらに、
「あの当時のコンクリートの建物は相当傷んでいることは確かです」
補修すれば使えるはずが、建物が腐っているかのように脅しをかけております。

あの空間を前提に描かれた「秋田の行事」を否定するだけではなく、文化的価値が年数で決まる・・ある意味・・つわものです。

「建物で人を呼ぶ時代ではない」と言いながら・・結局・・まずはハコモノを造ることに固守したいのが知事の本音のようで・・何も内容が決まってなくてもまずは造っちゃう・・使いものにならなくても・・財政難でも・・困ったものです。

数十年先を見通してこの街をどうしたいのか・・そんな長期的なビジョンも無く、ハコモノ優先の開発を行ってきた・・その反省も無く・・ということで、このままだと閑古鳥が鳴く新しい迷所が数年後にお目見えすることになりそうです(笑)。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|
|

« カールじいさん | トップページ | 雪の動物園 »

Quip」カテゴリの記事

コメント

「私の基準としては文化的価値というのは100年以上の建築物について文化的価値がある....」という台詞、私も何かで読みましたが、正直、見識を疑いました。100年後に文化的価値を認めた時に、その建物自体が存在していなかったら....笑って済む話じゃなくなりますよね。
以前私のブログでも紹介した「新県立美術館基本計画策定委員会」。そこの参加していた人から話をうかがう機会がありましたが、まさに「建てることが前提でのアリバイ工作」みたいな会議だったらしく、途中で爆発しそうになったとか。
まあ、ある公共施設建築で土建屋さんに116億を気前よく支払うのに、その中に飾る美術品はタダで寄贈させ、その搬入費用さえ作家に持たせ、そのあげく取り付け作業に来る業者にはちゃんと工賃を払うんですから、もう、何がなんだかわからなくなります。

でも某建築家を招待した時には、県がお金を出したんでしょうね、きっと。

昨年、市内の某運動公園に行ったところ、以前あった大きな野外滑り台は撤去されていて、子どもはガックリ。
結局、維持費ばかりがかかって、一銭にもならない公園なんか作っても仕方ないと思っているのかもしれません。でもそれじゃ子どもは増えませんよね。

ちょっと考えればわかりそうなことで、みんな同じように考えていると思うんだけど、どうしてこうな風に進んじゃうんでしょうね?

長くなってすいません。

投稿: 中野 | 2010/02/27 03:13

中野さんへ

ご丁寧なコメントありがとうございます。

芸術作品を生み出される方々にとっては、展示される作品よりも新しいハコモノを造ることだけが
前提となっている県の事業には、中野さんと同じような不信感いっぱいの腹立たしい思いをしてる
ことかと想像します。

委員会の件、行政側が導く結論は決まっていて、それに向けて形だけ会合を行う、良くある話ですね。
立替そのものが、現在の県立美術館ができた経緯を無視していると思わない役人達、とても不思議です。

ハコモノ優先の行政、市や県だけの問題ではなく、国が新しいハコモノ事業には金を出しても、
保存のための修復には交付金を出さないという姿勢に大きな問題があるように思います。
なので、秋田駅前にその昔あった、歴史ある建物がほとんど壊され、再開発された結果風情が
なくなったことで、人が寄り付かなくなった面もあるのではと・・・

投稿: arube | 2010/02/27 06:55

はじめまして。
いろいろ考えさせられますね…

仰せの通り、「にぎわい交流館」アトリオンともアルベとも丸被りですもんねぇ。
行政はああいうの作れば、勝手にNPOとか市民団体とかが湧いてきて使うと思ってるのかなぁ。

個人的には「にぎわい交流館」は1Fの機能だけでいいと思うんですよね。
逆に1Fの機能はぜひとも欲しい!!
ですから、博覧会建築的な簡易的なもので取りあえずオープンさせて、商業施設に関しては元の規模で空きテナントは市がチャレンジングオフィス的に補助金でも出せばいいんだと思いますよ。
究極的には家賃下げれば埋まるんですから、テナントなんて。

ただ、美術館については安藤忠雄の建物を作るってことはいいことだと思うんですよね。
安藤建築であるってだけで、人が来ますし。
それは、現美術館と共存出来ないか?っていうと、出来ると思うんだけどなぁ。
極端なことを言うと美術館じゃなくてもいいわけですが、美術館だとしても金沢にある21世紀美術館のようなものなら、今の美術館とは領域が違いますからねぇ。
少なくても現美術館はいい建物だし、展示もいい。
ただ、街に向かっては閉じている…市民でも行ったことの無い人が多い…ってことはあると思いますんで、入門編としての美術館を作って、回遊させるってことも考えられると思うんですよねぇ。

てか、どうせ頼むなら、再開発地域のプラン自体を安藤忠雄氏に丸投げすればいいのに。
少なくても、建築家の人に丸投げした方が、行政の人よりいいのを作る。
東京の埋立地に海の森を作ろうというプランを作った氏なら意外と、あの場所を商業スペースは地下に入れてしまって、地上は秋田杉の森にしましょう…くらいのプランだしてくるかもしれない。

建物作るにしてもヘタクソ、建築家を使うにしてもヘタクソ…
なんとも口惜しい再開発なんですよねぇ…
と、今は県外に住んでいる人が書いてみました;;;

投稿: waka | 2010/02/27 07:32

wakaさんへ

ご訪問ありがとうございます。
ご丁寧なコメントもありがとうございました。

行政側はハコモノが造りたいだけなので、利用者は適当に見つかるなんてことも
期待はしていないのかと思います。
にぎわいが出ない方がさらに追加の投資事業が行えると思っているのかもしれません。

wakaさんがおっしゃるような提案の他、市民、県民レベルでは、ここがこうあって欲しいという
意見がいっぱいあるのではと思いますが、行政は自分たちに都合よく事を進めるので、
意見を聞いたふりだけをして、結局は求められているものとはかけ離れてしまうのかなあと・・・

建築家の安藤氏も昨年来県した折に、ハコモノそのものが人を呼ぶ時代ではないと
おっしゃっていたようなので、この地区の全体像が新美術館の建物と調和し、
中身が伴わないと人を呼ぶのは難しいと考えます。

再開発予定地の7割りが県有地だそうなので、県民全体ががもっと疑問に感じ、
急がずにもっと議論をしようということをなげかけるべきではと思います。

投稿: arube | 2010/02/27 18:11

>>駅前が空洞化したのは、マイカー時代になってもこれに適切に対応しなかった・・
>>アクセスが不便な場所が商業エリアとしての魅力を失っただけ・・

>>ここは無料駐車場として開放するのが人集めにはもってこいかと

これは私も同意見です。
秋田市街から行っても、駐車場には困ると感じているのですから、普段から利用する秋田市の方は、もっと大変でないかと思います。

魅力ある民間の施設がなくなるほど、新しい流れを作る若者離れが進み、さらなる空洞化を呼ぶと思います。

個人的感覚としてですが、一般の方が望んでいるのは、美術館などたまにしか利用しない施設よりも、
ショッピングなどが出来る普段から利用したいと思える魅力的な施設の充実だと思います。

投稿: &- | 2010/02/27 21:37

こんばんは!コメントでははじめまして、ハナコといいます。
ブログの方で記事を引用させていただきました><
ありがとうございます。

こちらの記事にトラックバックをしたつもりだったのですが、何故か出来ておらず事後報告みたいな形になってしまいまして申し訳ございません。
トラックバックを試みているのですが、うまくいきませんのでコメントより失礼いたします。
本来なら私の方が先にコメントをすべき立場だったのに申し訳ございません。

ツイッターでこちらのブログが「この記事を書かざるを得なかったなんて」という言葉を見て私もその通りだと感じました。
どうしてもこの記事についてはたくさんの方に状況を知っていただきたく、ブログで紹介させていただきました。

今は単純にアトリオンみたいなものがもう1個出来たらどーうーしーよーうー!と思っている所で(汗)
秋田にきてまだ1年程なのでこの件に関しては知識がとても浅いですが
単純にニュースで駅近くの再開発と聞いた時には商業施設出来るの!?何のお店が入るんだろう?正直アルヴェは商業施設といいながらも全然お店が入っていないので~こっちにはいろんなお店が入ってくれるといいな~わーい!わーい!などと・・・・(汗)再開発と知って最初のころはすごく喜んでいた自分を今考えるとおめでたかったな~と思いました(汗)
最近は再開発関連のニュースを聞くたびに、期待するだけ無駄かー。どうせつまんないもの出来るんだろうなー。などなど・・(汗)マイナスな考えばかりが頭の中でグルグルとまわっています。
脳細胞が単純で思った事をそのまま書いてしまっているブログを続けているような私ですが・・これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: ハナコ | 2010/02/27 22:16

&-さんへ

賛同いただきありがとうございます。

秋田駅前はちょっと寄ってみたいと思ってもそれができないの環境なのが問題
という主旨の投稿を新聞で見かけたのですが、多くの市民がこの感覚を持っている
のではと思っています。

郊外型店舗に比べて駅前には気軽さがないというのは、マイカーが移動手段の
メインあである限り、空洞化の歯止めにはならないとそう考えるのですが・・・

投稿: arube | 2010/02/28 17:51

ハナコさんへ

コメントありがとうございます。

こちらこそご紹介いただきありがとうございました。

にぎわい交流館に隣接する商業スペース、最新の計画では当初の予定の
半分近くにまで売り場面積が縮小されるほど、テナント入居や維持管理に
自身がないようです。
それに、入居予定のテナントもまだ未定の状況、ヨーカドーも撤退となると
テナントの奪い合いになるだようなあと予想しています。

アルヴェにしても秋田拠点センターと言えるほどのにぎわいが創出できて
いない状況、完成後は西と東でイベントと人の奪い合いになると想像できます。

個人的には、千秋公園が和の公園なので、ここはノリタケの森のような洋の
公園ができ、周辺にちょっとしたレンガ調の建物を配置してなんてことを
希望しているのですが・・・

投稿: arube | 2010/02/28 18:00

ttp://www.mlit.go.jp/kisha/kisha05/04/040810_.html

これは国土交通省の資料ですが失敗例にあるA市は秋田市です。
行政はまた今回の再開発で大きなミスを犯そうとしています。

私の第一希望は中心市街地への秋田市役所移転です。
老朽化して新築するという話があるのにも関わらず
NHK跡地移転とは‥今となんら変わらないですね。

にぎわい交流施設や商業モールは不要。どうしてもやりたいなら
アルベ、アトリオン、ヨーカドー跡地でやってください。
美術館は安藤忠雄氏にすでに設計依頼をしているから覆すのは難しい
のではないか?移転に賛成というわけではないですが。

投稿: こんばんわ | 2010/02/28 22:31

こんばんわさんへ

資料のリンクありがとうございました。
このような分析結果があるのに、今回の再開発事業の参考にはされていないということですね。

人が必ず来る施設である行政機関の移転はということで、こんばんわさんが言う、市役所は?
という話も出ているようなことは記事で見たことがあるのですが、税金を使いたいので、
市役所の移転とこの事業は別物にしたいのかなと捉えていました。

美術館のデザインを先に進めていて、後戻りできないというのは役人の常套手段なのでしょう。
違約金を払ってでも、事業見直しの方が県民のためと思うのですが、ここで事業中断の方が
損失が大きいと思わせるような答弁を議会でするのだろうなあと・・・

高度経済成長期移行、駅前をどのような姿するべきか、長期的なビジョンを描かず
行政側に都合よくハコモノ事業を行ってきたツケがここにあるのかと思っています。

投稿: arube | 2010/03/01 20:33

 この事業について、秋田市長の穂積市長は、「まだ議論不足なのでは?」というような問いに対して、「合併特例債に間に合わなくなる」と、議論よりもとにかく事業推進、の理由をポロッと喋ってました。佐竹知事の「100年未満は価値無し」みたいな苦しい理由より、穂積の理由の方が分かりやすくて良いですね。納得できるかどうかは別として。
 ちなみに市議会内で明確に反対しているのは共産党の二議員の他は一人居たか居ないか、程度らしいですが、この事業そのものが失敗するだろう、という予想は議員の中にもかなり浸透しているとのこと。

投稿: ぷー専務 | 2010/03/02 23:48

初めまして、第三セクター鉄道を応援してます2tomです。

以前「秋田ブログで輪」に参加してましたのでarubeさんの事は知ってました。
秋田市内のことはみなさんにお任せして自分は県北や県南に走ってたのですが、どうもそれでは済まされない状態になってるようですね。
この開発問題に関しては全く勉強不足なのですが、そんな素人でも危ない橋を渡ろうとしてる危険は察知出来てます。
ハッキリ言って今の不景気な現状ではどんな策も良い結果をもたらさないと思ってます。(一時的は特効薬になりますが)
昔のあの辺の賑わいは市民の心がある意味豊かだったからだと思ってます。
つまり小さなことでも十分に幸せを感じることが出来てた時代だったんじゃないでしょうか?
だからといって諦める必要はありませんが、素人でも×だと思える愚策はやって欲しくないと考えます。
こんばんわさんがおっしゃってましたが、まさに県庁市役所を持ってきたほうがよっぽどいいんじゃないかと真剣に思ってます。
いずれ老朽化で問題になるし、旧市長(現知事)さんも一時騒いでませんでしたっけ?
平日は頑張ってお給料の一部をあの辺で使ってもらい、週末は庁舎の一部を一般に無料開放します。
でもってその庁舎の設計を安藤さんにお願いしても私は許せるかもと思ってます。

元々秋田の方ではないハナコさんが、秋田のことを真剣に考えこちらの記事をピックアップしてくれました。
そして自分もこの事を真剣に考えるようになったという状況です。
まずはお二人に感謝いたします。
すみません病み上がりなもんで、まとまらない文章をどうかお許しください。

投稿: 2tom | 2010/03/03 20:59

ぷー専務さんへ

特例債、国が支給するとはいえ、市の債務として計上されるものなのですが、秋田市は由利本荘市の轍を踏むようですね。

失敗すると理解しながらも賛成する議会、選挙など大人の事情が絡めば、そうなのでしょうねえ!?
それとも、活性化しない方が、むしろ再度活性化のための血税投入ができるので都合が良いのでしょうか??

秋田市のわがままで、県の財産も失うことがとても心配なのですが・・・

投稿: arube | 2010/03/03 21:09

2tomさんへ

ご訪問とコメントをいただきましてありがとうございます。

秋田市の駅前の再開発ということで、秋田市だけの問題だと思っている県民の方、
少なくはないのかなと思っています。
県立美術館にしても美術館に関心がない県民の方が多いかと思うので、異を唱える声も盛り上がりに欠けるのかなと。

駅前は賑わいのための再開発といって、古い建物を壊し、都会をモチーフとしたコンクリートの高層ビルを建築する度に
逆に人々が足を運ばなくなったような気がします。

今回も合併特例債という国の支援を目当てにしているので、期限が迫りとにかく見切り発車したいようですが、
駅前を将来にわたりどうしたいのかのビジョンがないのでは成功はしないことでしょう。

まず、市民県民が気軽に立ち寄れるためには何が足りないのかをうそ偽りなく議論することが必要かと思っています。

投稿: arube | 2010/03/03 21:31

おはようございます。再び登場の中野です。

先日の新聞に「旧美術館をやっぱり残そう」みたいな話が出ているのを見つけてしまいました。

そんな話がいつか出てくると思いましたが、こんなに早く出るとは正直思いませんでした。
出るとすれば、新美術館の本体工事が始まって、もう後戻りができない頃だと思ってましたが。

今この話を口にしてしまったら、最初の移転問題の議論を再加熱するような気もするし、そもそも「今までの議論は何だったんだ!?」と怒り出す人だっていると思うんだけど...。

どうしてこのタイミングなんでしょうか?

投稿: 中野 | 2010/03/07 04:29

中野さんへ

コメントありがとうございます。

>どうしてこのタイミングなんでしょうか?

この件に対して伝えられている情報が限られているので、推測すら難しいのですが、
現美術館の建物は壊さないと言えば、新美術館の建設に反対運動をしている
団体が納得すると、県の担当者がそう思ったのでしょうか??

何れ、知事が市長時代から検討されていた事業、今更止めるわけはないとは思うのですが、
少しでも、県民のために検討する努力はしたと・・そう思わせたいのかという気がします。

多くの市民、県民は困らないので、言い訳はしないで、白紙撤回し、
事業そのものの見直しをすれば良いはずなのですが・・・

投稿: arube | 2010/03/07 07:46

国が地方の街づくりに補助金を出す仕組みが狂気の沙汰を生み出しているのだと思います。財源だけ出してくれるのであれば問題ないのですが、各地千差万別の環境にも関わらず画一の法律で縛ろうとする。政治家と役人への利益誘導には便利なのでしょうが、秋田選出の某国会議員が言ったように地元民にとっては「よけいなお世話」です。
地方分権が叫ばれてますが、この日赤跡地が最後の中央集権の遺産となるのでしょうか?
ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

投稿: yokote | 2010/03/09 09:17

yokoteさんへ

コメントをいただきましてありがとうございます。

おっしゃる通り、
国が補助金を出すときには、新規に豪華なハコモノを建設することが前提なので、
その地域にとって本当に必要とされる事業が実現できない・・そう思います。

官僚たちは利益誘導優先のために、この駅前だけではなく、秋田にあった色々な良いものが
開発のために破壊されていったことが悔やまれます。

政権交代したということで、秋田らしい街づくりができるそんな予算の使い方ができる行政に
生まれ変わることに期待しているのですが・・・

投稿: arube | 2010/03/09 20:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/33532122

この記事へのトラックバック一覧です: 日赤病院跡地:

« カールじいさん | トップページ | 雪の動物園 »