« 横手のかまくら | トップページ | 集う »

川を渡るぼんでん

Kb10211as

江戸時代後期に始まったとされる「川を渡るぼんでん」(大仙市)、川向こうにある神社への奉納の途中、舟に乗り梵天を渡す姿がとても優雅な伝統の行事です。

舟の上の梵天と水面に映ったシルエット、そして雪景色のコントラスト、色鮮やかで情緒ある風景です。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

|
|

« 横手のかまくら | トップページ | 集う »

Event」カテゴリの記事

コメント

梵天まつりって横手だけじゃないのですね?
それにしても、凄いキレイな梵天ですね。

投稿: 店長 | 2010/02/18 17:06

店長さんへ

秋田の内陸側の梵天だと横手の梵天の方が規模は大きいですよね。

ここの梵天は舟に乗って川を渡るというのが全国でも珍しいということで
注目される梵天まつりのようです。

投稿: arube | 2010/02/18 20:00

いつもながらスレスレの水面ですね^@^
NEWSで見ててハラハラしちゃうんですよ~沈没しないかと・^@^ 
いつか撮ってみたいです~^^

投稿: 23 | 2010/02/18 23:37

23さんへ

見に来た人をハラハラさせるのもこのイベントの技なのかもしれません。
ちゃんと人数を数えて乗船させているので、問題はないはずですが・・・

色々なおもてなしがありますので、
来られるのであれば、朝ごはんは控えめにすることをお勧めします。

投稿: arube | 2010/02/19 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/33361653

この記事へのトラックバック一覧です: 川を渡るぼんでん:

« 横手のかまくら | トップページ | 集う »