« 菜の花と鳥海山 | トップページ | 夕暮れの海 »

菜の花と鳥海山 2

えーと、菜の花の話題が続きますが・・・

Nc901as

鳥海山を望む菜の花の景色、先日書き込んだ場所の他にもあるということで、ドライブの途中見つけたところの写真のご紹介です。

由利高原でも他の場所もあるということで、これは国道108号線からゆり高原ふれあい農場へ行く途中にある菜の花畑です。規模は小さいのですが、思わず車を止めてカメラに収めたくなります。

Nc902as

にかほ市で見つけた菜の花畑、これも大きくはないのですが良い景色でした。

Nc903as

これもにかほ市で見付けた場所、わずか畳み3畳分ほどの広さなのですが、写真だとこのように見せることもできてます。

Nc904as

いつもの道の駅にしめ横の菜の花畑、毎年、イベントで楽しませてもらっています。

Nc905as

これは横手市雄物川で見つけた風景、鳥海山の露出が少ないのですが、いつも私が見ている場所とは違う角度なので、なんとなく別な山を見ているような感じがします。

県内には、この他にもまだ鳥海山が見える菜の花畑があるのかと思いますが、ちょっとドライブをしただけで色々な菜の花の景色に出会えるということで、うれしくなってくるのです。

ということで、菜の花と鳥海山の風景の話題でした。

|
|

« 菜の花と鳥海山 | トップページ | 夕暮れの海 »

Facilities, Place」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いつもながら癒される写真にホットします。
花と山、このコントラスがいいですね。
前回の記事の鳥海山は、みごとなまでにくっきりで男性的ですが、今回の鳥海山は周りを包み込むような柔らかさを感じます。
日によって、場所によって、鳥海山もいろいろな顔を見せますが、それがarubeさんを虜にしている理由の一つかと思いました。

投稿: じゃんご | 2009/05/20 00:51

じゃんごさんへ

いつもありがとうございます。

鳥海山という美しい山が存在してくれるおかげで、とても良い景色を楽しませてもらっているように思います。

この貴重な景観を秋田の財産として活かせればよいのですが、役人がお金欲しさに妙な開発ばかりをいまだに行っていることを残念に思います。
お金では作り出せない自然があること、それが秋田の地番の魅力かと考えています。

投稿: arube | 2009/05/20 20:23

私もこの春はあちこちで菜の花を楽しませてもらいました。
関東から戻った頃は「秋田は菜の花って、観光地しか栽培されないんだ~」
と思ったんですが、ここ数年で一気に栽培面積が増えましたよね!?
大曲仙北でも田畑の一部分から、田んぼ数枚分まで、
様々な品種の菜の花が植えられるようになりました。
うちの子は、菜の花=西目の迷路&ハーブワールドと記憶したようで、
菜の花見る度に「にしめ行きたい!」言ってますcoldsweats01

秋田県民が秋田県産菜種油をもっと使って、資源の循環になると良いですね~。
秋田港は連作障害の恐れ有りで、今年度で中止なんですね。
では、レンゲソウを植えてみるというのは??秋田でも栽培可能だと思うんですが。

大曲と横手平鹿から見る鳥海山もだいぶ雰囲気が違います。
本荘や象潟から見る鳥海山は雄大ですよね!
山形からだと、どんな風に見えるんでしょうか?

長文失礼しました。

投稿: パルオン | 2009/05/22 14:43

パルオンさんへ

たくさんのコメント、ありがとうございます。

山形から見た鳥海山は、もっと横に長く見えるので、由利本荘市から見た鳥海山と比べると別な山なのかという印象ですね。

県内では、菜の花を菜種油などへ加工するビジネスとして栽培はまだまだなのかなあという感じがします。小さな面積で植えられている場所は、土壌改良のためだというのもあるようです。
今年登場した矢島町の菜の花畑は観光や種採取のビジネスではなく、荒れた耕地の土壌改良だと言ってました。

ラベンダーが咲いた頃、また西目町に来てくださいね。


投稿: arube | 2009/05/22 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/29658414

この記事へのトラックバック一覧です: 菜の花と鳥海山 2:

« 菜の花と鳥海山 | トップページ | 夕暮れの海 »