« フクジロウ | トップページ | 掛魚まつり 番外編 »

掛魚まつり

Km901as
Km902as

掛魚まつり」、毎年立春の日に開催されるにかほ市金浦の伝統行事です。神社に季節の魚、寒鱈を奉納し、その年の豊漁と海での安全を祈願を行います。

Km903as
Km904as
Km905as

金浦神楽を先頭に、大きな鱈を担いだご一行が港から金浦山神社まで練り歩いていました。重い大きな鱈を子どもたちも頑張って担いでいたしだいでです。

Km906as
Km907as

境内には奉納された鱈がずらりと、神主さんが御祓いを行い、観客へと披露です。立派な鱈です。でも、今年は奉納の数が少ないなあという印象が・・・

Km908as
Km909as

神社の向かいにある公園では恒例の鱈汁の販売があり、たくさんの人が順番待ちをしていました。

Km910as
Km911as

昨年、神社にあったスギの大木群がスギ枯れにより切り払われたため、ずいぶんと寂しい境内になった印象です。知らずに来られた方は、この変りように驚いただろうなあと・・・

ということで、金浦の鱈まつりの話題でした。

掛魚まつり(かけよまつり)
問合せ先
にかほ市観光協会(TEL : 0184-43-6608)
にかほ市産業部観光課(TEL : 0184-38-4305)

|
|

« フクジロウ | トップページ | 掛魚まつり 番外編 »

Event」カテゴリの記事

コメント

旨そうな鱈がいっぱいですね(笑)奉納された鱈達は、その後どうなるのでしょうか?あの鱈の白子で日本酒をいきたいですね(笑)

投稿: 店長 | 2009/02/06 12:12

こんにちは
金浦の鱈まつり素晴らしいです
写真もよく撮れて素敵です
鱈まつりは知ってましたが、見た事はあ
りません、こうして見られるので感動しました、  掛け魚とはしりませんでした

海の無い長野県の仲間たちに是非見てもらいので、勝手ながら私のプログに載せましたので悪しからず、宜しくね。

投稿: 80b | 2009/02/06 17:35

店長さんへ

奉納された鱈は、関係各所へ送られるようですね。前に、鱈に県知事とか書いた札が付けられているのを見たことがありますので・・・

まあ、もちろん奉納された縁起ものですから奉納した人たち他、関係者へのねぎらいにも提供されるのかと思います。

投稿: arube | 2009/02/06 20:03

80bさんへ

書き込みを喜んでいただいて何よりです。

歴史あるお祭でも、その昔は町だけのひっそりとしたものだったので、見られる機会がなかったのかなあと思います。

転載の件、了解しました。

投稿: arube | 2009/02/06 20:09

こちらでは、寒鱈汁が旬ですよconfident
材料はおおざっぱに、鱈、白子、豆腐、葱、味噌、酒粕。。
金浦の鱈汁は、どんなのかなぁ!?

投稿: Floribunda | 2009/02/06 22:51

Floribundaさんへ

そうですね、寒鱈はこの季節の東北の日本海側で共通の旬の魚ですよね。

基本的には同じ様な具材だとは思うのですが、会場のものには酒粕はなかったような気がします。
鱈の肝をすりつぶして入れていましたが・・・

そういえば、そちらの方の汁は、TVで見るのは、具材は鱈とその内臓で、味噌で味付けした後に、岩のりをトッピングしたもだったかと思うのですが、山形でも場所よって違うようですね!?

投稿: arube | 2009/02/07 07:27

arubeさんが見た寒鱈汁は、1番シンプルなものですねhappy01

庄内地方でも、具材が魚と岩のりだけのものや、豆腐、ねぎの入ったものもありますよ☆

話題からそれてしまいますが、芋煮は、庄内と内陸で、出来上がりが全く違うものになりますよconfident
定番の内陸風は牛肉に醤油のお汁、地元庄内地方は、豚肉にみそ汁で、具だくさんですsign01

投稿: Floribunda | 2009/02/07 23:54

Floribundaさんへ

わざわざの書き込みありがとうございます。

山形の庄内と山形市側で、芋煮の違いがあるというのは聞いたことがあったのですが、やはりその通りなのですね。
秋田県も沿岸の芋煮(芋のこ汁)は豚ですが、内陸側では鶏肉と違いが見られますね。

秋田よりもそちらの方が味付けは上品かなあと、感じることもしばしです。

投稿: arube | 2009/02/08 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/27771462

この記事へのトラックバック一覧です: 掛魚まつり:

« フクジロウ | トップページ | 掛魚まつり 番外編 »