« 掛魚まつり 番外編 | トップページ | ラブラブ »

秋田悠久ライン

Ay01as

秋田悠久ライン」、雄物川で運航をしている屋形船なのですが、利用者の減少により今月上旬を最後にしばらく運休だそうです。

地元の建設会社が新しい観光産業をということで、2007年の12月に就航を開始したこの屋形船、一年間の利用者を1万2千人と見込んでいたのですが、実際にはその1/3に留まっていたそうでして、そこへさらにこの不況ということで年末年始の忘新年会の利用も当てが外れ、年明けも予約が思うように入らないことに対し、止むなく一時休業することを決断したそうです。

Ay02as

昨年12月には一周年記念の周年祭を行っていたので、売りの一つ、雄物川の雪景色を楽しむこの時期は、それなりに利用が見込まれていたのかなと思っていたのですが、実際にはそうではなかったようです。

Ay03as

屋形船に乗ると、目線と水面が同じような高さになり、面白いなあと感じていて、いずれ乗りたいなあと考えてはいたのですが・・・

でも、そうは思ったものの、いつが景色が一番良いのかと考えると、きっかけがつかめず、乗船しようと決断できなかったわけですね。

断崖絶壁を楽しめるのでもなく、出発地点の秋田大橋周辺は開発された景色のみ、旧雄和町へのコース途中の岸も川の中もゴミだらけと伝えられているし、紅葉の季節はといううと、川岸の木は紅葉樹よりもスギの人工林がメインだし・・・、景観が保全されていないとせっかくの大きな川もこれという魅力に乏しく、観光には利用しにくいということですかね!?

Ay04as

お土産物まで用意はされていたものの、昨秋に期待していた旧雄和町のダリア園との連携の話しも頓挫し、空振りに終わったようで、地域が一丸となり、屋形船を後押しできない状況も休業の原因なのかなあと・・・

Ay05as

運休は4月いっぱいまでだそうですが、この地域の観光産業がうまく提携をし、周辺の観光にとけ込んだ屋形船の復活に期待したいところであります。せっかく始めた事業ですから!?

ということで、悠久ラインの話題でした。

秋田悠久ライン
秋田県秋田市茨島2-8-30
TEL : 018-824-2777

|
|

« 掛魚まつり 番外編 | トップページ | ラブラブ »

Facilities, Place」カテゴリの記事

コメント

私もこれについてブログに載せようかと思っていたのですが時間が無く…。
先週の県内ニュースで見たら、空港を下りた県外観光客をこの船で秋田市内へ観光がてら乗せるという目的もあったようです。
実際、ネットで検索して予約した関西から来た観光客は、白と黒のモノクロの景色に感動し、無くなってしまうのは勿体ないとインタビューに答えていました。
私もarubeさんと全く同じ考えだったので、少しショックでした。もう少し連携して、うまくPRしていけば利用者が増えたかもしれないのに、と。
確かに空港から市内へのバスは、ただ運ばれるだけで面白味がありません。
ここを屋形船で移動できたら…楽しそうじゃないですか。
今の秋田には“地域が一丸となって”が最も必要なものだと思います。
美短の生徒さんたちがコンペでより良い屋形船を考えてくれたそうなので、春からの再開に期待したいですね。

投稿: パルオン | 2009/02/09 14:42

パルオンさんへ

コメントありがとうございます。

建設会社が親会社なので、観光という事業に対し、どのようにPRし、連携すればよいのか、ノウハウが足りなかったようなことも聞いています。

でも、地域の観光の関係者が良いものができたともっとバックアップしていれば、それなりに利用者の継続が見込めたのではと思っています。

関係者で力を合わせて頑張ろうというのがやはり、秋田には足りないのかなあとも・・・

投稿: arube | 2009/02/09 19:26

アタシもarubeさんと同じで、いつが一番いい時期なんだろうって思ってました。
利用しなかったアタシが言うのもなんですが、残念ですね。

投稿: negoo | 2009/02/09 22:38

negooさんへ

隣県の最上川のライン下りと比べられると、景観の魅力がいま一つなので、他の魅力を上手に付加できないと、PRも難しいかなと思いますね。

投稿: arube | 2009/02/10 05:53

私はまだ乗ったことがないんですが、屋形船っていうと、団体で乗って宴会するイメージしかなくて…。

どんな人におすすめなのかをPRすれば利用者が増えるのでは?
雄物川はたしかに紅葉が有名なわけではないし、大自然のなかを流れている川ではありませんが、夏の夕方に気兼ねなくノンビリ乗るのも悪くないかなぁと思います。

投稿: エドガー | 2009/02/11 10:35

エドガーさんへ

当初の構想では、観光客が秋田空港から市内へ来るのに利用してもらおうというのがあったようですが、忘新年会など宴会がメイン客になっていたようですね。

交通手段の一つとして観光にうまく融合できればと思うのですが・・・

投稿: arube | 2009/02/11 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/27893920

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田悠久ライン:

« 掛魚まつり 番外編 | トップページ | ラブラブ »