« 濁流 | トップページ | 犬っこまつり »

川を渡るぼんでん

Kb901as

川を渡るぼんでん」、大仙市花館地区の伝統の小正月行事です。川向こうにある山頂の神社へ梵天を奉納するのに、雄物川を船で渡る、数多い梵天奉納の中で川を渡るというのはここだけだそうです。

Kb902as

天気が良い中、雪景色を背景に、彩りの良い梵天が舟で川をゆったりと渡る様子は、独特の雰囲気があり、見事であります。

Kb903as
Kb904as
Kb905as

厄年の方がいる家々を中心に町内を練り歩いた梵天が、次々と川岸へと、「ジョヤサ」という掛け声やほら貝を吹く音と共に登場です。

Kb906as
Kb907as
Kb908as
Kb909as
Kb910as

御祓いや餅まきを行った後、梵天歌を披露しながら舟へと乗り込みます。

Kb911as
Kb912as

梵天が3つも載ると、大丈夫なのかなあと心配になるくらい、舟はかなり深く沈み込みます。

Kb913as
Kb914as

対岸へと到着した後は、川沿いを40分ほどかけて歩いて行き、伊豆山の山頂にある神社へと奉納されるそうです。

Kb915as

ということで、川を渡るぼんでんの話題でした。

川を渡るぼんでん
問合せ先
大仙市
花館公民館
TEL : 0187-62-3012

|
|

« 濁流 | トップページ | 犬っこまつり »

Event」カテゴリの記事

コメント

小正月行事も終わりました。
終わったら雪になりましたね^^;

投稿: たかりょう | 2009/02/16 14:26

たかりょうさんへ

竹うちご苦労様でした。お疲れのところ、コメントをいただきありがとうございます。

先週降るべき雪が、今週に入り降ってきた感じですね。今夜の横手のかまくらは雪景色に戻り、良い雰囲気なのかなと想像しています。

投稿: arube | 2009/02/16 19:30

一気に真冬に逆戻りしちゃいましたね。

し、沈みそうで、こ、怖いっ。
見てるほうがハラハラします~。

投稿: negoo | 2009/02/16 20:55

こんにちは!お久しぶりです☆
行こうと思ってたんだけど、
「ぼんでんが川を渡るだけ・・・地味そうだなgawk」と決めつけて辞めたんですよ。
でもtvで見て、とても華やかだったので「あぁあぁぁ・・・見に行けば良かったsad」と後悔しました;;
いつも思うんだけど、arubeさんの写真きれいですねぇshine

投稿: つくだ煮屋 | 2009/02/17 10:29

negooさんへ

先週とは大違いの天気で真冬に逆戻りですね。

慣れているということでしょうか、沈みそう見えるのだけど、そんなことを気にする気配もなく、運搬していましたよ。

投稿: arube | 2009/02/17 20:13

つくだ煮屋さんへ

ホント久しぶりですね。元気でしたか?

写真を気に入っていただきありがとうございます。

天気が良かったのもあって、とても鮮やかできれいでしたよ。
本文には書き込んでませんが、色々と見物客へのおもてなしもあって良かったです。
来年はぜひどうぞ!!

投稿: arube | 2009/02/17 20:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/28067986

この記事へのトラックバック一覧です: 川を渡るぼんでん:

« 濁流 | トップページ | 犬っこまつり »