« 裸まいり | トップページ | ミニかまくら »

由利橋

Yh01as

由利本荘市内を流れる子吉川の下流域に架かる「由利橋」です。「ゆりきょう」の愛称で親しまれてはいるのですが、橋には「ゆりはし」と書かれていますので、いつの間にか人々の間でそう言う呼び名に変わってしまったようです。

昭和一桁生まれの由利橋、完成から80年近くの歳月が経っており、かなりの老朽化している様子、ということで、現在、架け替えに向けた工事が着々と進められています。
まあ、かなり以前から架け替えの話がありましたので、塗り替えもせず放置されていたのでここまでさびさびになったのかと・・・、これも架け替えのための市の演出ということですかね(笑)。

Yh02as

併設して建設中の仮設橋が3月末に完成予定だそうでして、その後、3年間かけて新しい橋が造られる計画のようです。

この仮設橋の建設費だけで3億円近くの予算が使われているとか聞くと、そんなことはせずに、橋の位置を少しずらして新しい橋を造ればと思うのですが、ずらすことは物理的にできないとつっぱねたようです。

市街地の再開発ということで、この付近を大胆に再区画整備しているのだから、できなくはないとは思うのですが、できるだけ多くの予算を使うことが良い政策としているのが由利本荘市なので、仮設橋を造らずに済む手法なんて検討せずにつっぱねたのかと・・・(笑)。

仮設橋に血税をつぎ込むのであれば、その予算で作年封鎖された「二十六木橋」の架け替えを行った方が市民のためになるのではとも考えるのであります。

Yh03as

さて、新しい橋、市は新しいランドマークとしての効果を目指すそうでして、そのために40億円もの血税を投入して建設するそうです。旧本荘市時代には、建設費は20億円と言っていたのが、いつのまにやら倍の40億円に膨れ上がっています。

合併特例債を使ったいかさまマジックで、利権関係者への分配金を増やしたようです。仮設橋が3億円弱ですから、100年使える橋をと言っても、新しい橋への40億円をつぎ込みすぎだと考えるのです。

由利橋の架け替え、文化複合施設の建設、ケーブルTVの敷設、これら全て合併特例債事業なのですが、合わせて200億円を軽く超える血税が投入されているので、人口が9万人にも満たなく、人が減り続けている市としては規模が大きすぎる事業かと思うのであります。将来への負担、とてつもない重しになりそうです。

Yh04as

ランドマークねえ!?、全国どこにでもあるような都会的な橋をここに造っても、誰もこの橋を目当てには集まってこないかと思います。そもそも由利橋は長年生活に密着した橋、派手なデザインよりも、昔ながらの面影を残すデザインにした方が市民に愛されるような気がします。

どうせ、40億円使うのならば、最小限の予算で、その昔、北前船が寄港していた頃の雰囲気を醸し出すデザインの新しい橋を造り、残りの予算でかつての蔵の街の雰囲気を再現した方が人が集まるのではと思うのですが!?

「都市」と書いて「まち」と読ませていますが、昔ながらの町並みを残すことを忘れ、大都会を追い求めて町並みを下手に改造し、色々なものを失っていったことをまだ反省しないの?とも思うのです。

ということで、旧市街地、整備されきれいにはなっていくのですが、現在の未曾有の金融・経済危機に対する市の無策をぶりを考えると、3年後は立派な橋と文化ホール、図書館があり、ケーブルTVが網羅されていても、そこには住む人がいない寂しい街にとなっているのかなあと想像するのであります。

お隣のにかほ市は財政難の折り、合併に伴い計画していた文化会館の建設を凍結したとか、由利本荘市議会のメンバーの中には、このような真っ当な予算感覚を持った議員はいないのかと・・・

由利橋は生活に密着した建造物、必要以上の多額の費用をかけてランドマーク化なんてしなくても良い、それよりも今の経済危機を乗り越え、市民がここで暮らして行くための政策をして欲しい、風景にとけ込んでいる今の由利橋を見ながらそう思うのであります。

|
|

« 裸まいり | トップページ | ミニかまくら »

Facilities, Place」カテゴリの記事

Quip」カテゴリの記事

コメント

20億が40億って…
なんだか、呆れて言葉が出ませんねぇ。
せめてきちんと労働者達にも利益があるといいんですけど。

投稿: negoo | 2009/01/25 00:48

negooさんへ

ランドマークにするぞと都会的なデザインにこだわっているので、さぞかし高い設計費を大手ゼネコンに取られて、地元の下請けにはあまりお金が回ってこないのかと想像しています。

いつまでも公共事業を地場産業にしていては、借金がかさむだけかと思うのですが・・・

投稿: arube | 2009/01/25 18:09

ほんとに鋭い指摘だと思います。
なぜあの橋に40憶なのか???
20憶にして残りの20憶で二十六木橋を架け替えたほうがいくら喜ばれることか。
所詮見栄っ張りの弘君の考える事なのです。
今年でやっと引退してくれます。
いままでいくら散財してくれたことでしょう。
そのつけを払うのは誰??
新しい市長ではなく市民です。
市長選はおそらく激戦でしょう。
でも、郡部の反発を取り込んでるH氏が勝つでしょう。それからどう市政を転換するものか・・ みものの1年です。

投稿: 大前 剛 | 2009/01/25 18:49

大前剛さんへ

賛同のコメントありがとうございます。

次期由利本荘市長、誰がなったにせよ、財政破綻を回避しながらどのように市民サービスを低下させずに行うのか、難しい舵取りになりそうです。

現市長、財政破綻を見越して引退を表明したのかとも勘ぐっています。やりたい事業をやるだけやって、市民にツケを回すなんてひどい話です。

投稿: arube | 2009/01/26 19:25

 橋の設計を専門とするものです。
 ランドーマークとかいっても大したデザインの橋は出来上がらない。そんな橋に限って10年もたてばなんでこんな形式、デザインにしたのかなーと思うようなのが全国にたくさんあります。今回計画されている橋の形式はもっと大規模な橋で採用される形式であって、明らかにデザインと橋梁規模がアンバランスで、本当に勿体ない話です。どうしても、この形式にしたいのなら、車道の両サイドにある2本のタワーを1本に減らして道路の中心に配置してコストの縮減とすっきりしたデザインを追求すべきであったと考えます。

投稿: 匿名希望 | 2009/01/26 19:48

 たしか、あの型の橋って大館能代空港だった秋田北空港だったかのアクセス道路にも採用されてたような気がするんですが、御馬鹿な田舎の政治家の何かを刺激するんでしょうか。
 昨年の空港利用者数がめでたく過去最低だったそうです。

投稿: ぷー専務 | 2009/01/26 22:49

匿名希望さんへ

ご訪問及び専門家としてのご意見をいただきましてありがとうございます。

今回計画されている橋のデザインが規模には見合わなく、コストだけがかさむものだというご指摘、とても参考になりました。

市がやはり税金の無駄遣いをしているという確信を持つこともできました。
ありがとうございました。

投稿: arube | 2009/01/27 20:00

ぷー専務さんへ

派手なデザインのものをこしらえて、それは俺が造ったものだと、首長や議会の皆さんは言いたいのでしょうね!?

私費ならともかく、税金投入で造ったものを自慢するなと思います。

橋を造った記念に関係者の名前を刻んだ石碑などを立てたりしないかと心配しております。

投稿: arube | 2009/01/27 20:06

読売新聞に「ウチの自治体懐具合は」の見出しで「住民が自治体の財政状況を分析し、住民版「財政白書」として広がっている。」という記事が載っていました。(紙版の1/27夕刊。秋田版は1/28かも。web版には出てきませんでした。)
機会があればご覧いただければ、と。

「住民が自治体の財政状況を分析」の中身はこのあたりが参考になるようです。
http://namerikawa.blog38.fc2.com/blog-entry-591.html
http://namerikawa.blog38.fc2.com/blog-entry-592.html

投稿: skmg | 2009/01/28 12:37

skmgさんへ

ご訪問及び情報提供のコメントをいただきありがとうございます。

合併特例債は国が最後まで面倒を見てくれないといううわさを聞いていましたが、まさにその通りと講義をされている方がいらっしゃるようですね。

書いていただいたリンク先とても参考になりました。

投稿: arube | 2009/01/28 18:33

匿名希望さんへ逆にお聞きしていいですか?
あの規模で、一番シンプルな橋を造るとしたら、最低価格どのくらいあれば出来るんでしょうか?

投稿: 大前 剛 | 2009/01/28 20:29

大前剛さんへ

私も興味がありますので、匿名希望さんのコメントに期待したいところです。

投稿: arube | 2009/01/29 05:56

匿名希望です。
40憶というのは、工事期間中の交通規制なども含めての工事費なのか不明ですが、そうですね、橋の長さや道路の幅員から考えて30憶ぐらいで出来るんじゃないでしょうか。当初の20憶というのがもしかしたら正解だったりして。ただ、計画している形式ですとタワーから斜めにケーブルを張って橋桁を支持する構造ですが、供用後に橋桁のみならずタワーやケーブルまで適切にかつ定期的に点検しないと橋は長持ちしません。建設費だけではなく維持・管理にも目を向けるべきです。これは、国の道路行政にも言えることですが。

投稿: 匿名希望 | 2009/01/31 00:41

匿名希望さんへ

ご回答をいただきありがとうございました。

情報が少ないので正確な算出は難しいようですが、施工費だけでなく、維持管理費を含め無駄なことをしているということが分かりました。

この市の規模にしては、効率が悪い事業だということですね。

投稿: arube | 2009/01/31 08:22

匿名希望さんへ

回答ありがとうございます。
単純比較は出来ませんが、高速の本荘インター手前の(秋田方面から)大橋脚が10億前後と聞きました。
もちろん素人なので、工法その他の違いが全く解りませんが、あれほどの高架橋がそんなもんならいくらなんでも倍あれば出来ると思う訳で・・

鉄骨の値段もピーク時の半分くらいにはなってませんか?その辺の契約ってどうなるんでしょうね??
結局由利本荘市ってのは、議会と市長がなあなあで、なぜそんな高価な橋を・・って一石投じる議員グループがいないわけで・・

不幸ですよね。市民が。
昨年誕生した新生児が600人居ないんですよ。方や80歳が1000人余り。
こんな人口構造を考えて予算を組んでるんですかね???

投稿: 大前 剛 | 2009/01/31 11:38

大前剛さんへ

まあ、明らかに過剰な税金投入ということですね。
真っ当な考えの市議会議員が不在のようで、合併特例債を天からの恵みと勘違いして、市の借金となり財政を逼迫させることに気が付いていないのかと・・・

議会もいわゆる、市が全ての台本を用意している、良く話題になる八百長議会なのでしょう!?

人口が激減しているので、補欠市議2名分の議席を削るのかと思っていたら、補欠選挙を近々やるそうでして、お馬鹿しかいないとこうなるのだろうなあとも・・・

3年後はきっと多額の負債を抱え、市が破綻か否かの話題で盛り上がっていることでしょう??

投稿: arube | 2009/01/31 17:54

その補欠選挙の情報が入ってきました。ここならそんなにウォッチがないでしょうからarubeさんにお教えしますが、その市議選に元K市長が立つそうです。その理由がなんとも許せない理由でして・・ 自分の議員年金が、あと何か月か欠如してる為に満額もらえないから出る。という理由らしいですよ。
ふざけてませんか?? 知名度もあるから下手すれば上るかも。 こんな奴を上げたら由利本荘市民の見識を疑いますね。
許していいものでしょうか。

投稿: 大前 剛 | 2009/01/31 20:37

大前剛さんへ

情報の提供ありがとうございます。

そうですか、議員年金が目当てで出馬ですか!?
志が低い人ばかりが立候補し、当選してしまう。市議会が全く機能せず、市が愚策ばかり行っている理由がここにあるように思います。

投稿: arube | 2009/02/01 08:25

由利橋と直接関係はありませんがこんな記事もありました。大館の話です。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20090209/324420/?ST=oss&P=1

投稿: skmg | 2009/02/12 21:08

skmgさんへ

有益な情報提供ありがとうございます。教えていただくまで、大館市でこのような取り組みがあったことは知りませんでした。

由利本荘市も見習って欲しいところですが、無理かなあと・・・(笑)

投稿: arube | 2009/02/12 22:17

ここからお邪魔します。
arubeさんちょっとお知恵を拝借できますか?
市長選の事ですが・・
上記までメールいただければ幸いです。

投稿: 大前 剛 | 2009/03/31 18:25

大前さんへ

了解しました。別途メールさせていただきます。

投稿: arube | 2009/03/31 18:45

由利橋3代目は必要だろう。
基幹橋で歩道は後付けの、金網だし。
子吉川に吊り橋、アーチ橋は無用やで。

投稿: 新山 | 2012/08/06 04:45

新山さんへ

最終的にかかる事業費は50億に迫るようです。
橋は必要でも、事業費がこんなに巨額では・・・

投稿: あるべ | 2012/08/07 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/27424504

この記事へのトラックバック一覧です: 由利橋:

« 裸まいり | トップページ | ミニかまくら »