« 釣り堀 | トップページ | メッセージキャンドル »

今は昔

Jc01as Jc02as

案内板に従って行ったところで、その先にあるのは閉ざされた建物だけ、ここが営業していたのは遠い昔のような気もします。

いやあ、ホント寂しいものですね。いざ閉店してしまうと・・・、利用していただけになおさらです。

この地域では、ここでしか買えなかった商品もあったということで、今ではそれが手に入らなくなり、不便を感じております。
さらに、消費者として買い物場所の選択肢が狭まるということは、とても不利になるということをあらためて知らされたようにも思います。

市街地の活性化ということで多額の血税を投入しこの周辺を再開発しているのですが、活性化どころか、核となるショッピングセンターが閉鎖、衰退していっているという事実、行政は素直に受け止めてくれているのかなあと・・・

心地良い響きの言葉だけで開発を行ったところでどうしようもないということに、早く気が付いて欲しいのですが、首長も議会も利権の及ぶところにしか興味がないので、何を言おうが市民が借金を背負い込む、開発の魔の手は休むことを知らないということですね??

ヤマサを解雇された人たち、報道では、再就職が決まった方はまだ1割り程度だとか、旧ヤマサの従業員を対象にした求人はあるものの、折り合う仕事がないというのが、この不景気下での素直な現状なのでしょう!?

ハローワークではPCの学習講座など転職のための特別なセミナーを開催し、再就職の相談も優先して行われているとのことで、ハローワークに行くと、ここで働いていた人に会うわけでして、あの方、レジにいた人だなあ、なんて、顔を見て思うわけです。
向こうは向こうで、顔を見られたくないということで、人の気配がすると、うつむいて目を合わせないようなしぐさをするわけなのですが、本人達は何も悪くないのになあ、なんてことも思ったりもするのであります。

ハローワークの話によると、年明けの1月から3月までの間に職を失うと言う人が、本荘管轄だけで最低でも350人いるという情報が入っているとのことで、職を探したい人は年内のうちに決めないと、年明けはもっとすさまじい状況になると予想しているそうです。
数字は最低でもということなので、実際にはもっとということになりそうだとも・・・、再就職合戦、来年は激戦になること間違いなしですね。

市は再雇用のため全力を尽くすなんて言っておりますが、その割りには、この間書いたように、相変わらず、市民が望んでいない、需要のない公共事業に力を入れている始末です。

国の来年度予算案を見ても、従来型の公共事業ばかりがずらり、鳥海ダムの環境調査関連の予算に3億円を計上だそうですが、そんな自然を破壊を目的とした無駄な調査をするぐらいなら、ここを買い取って公営のマーケットとして再生し、解雇された人たちを雇い入れた方が市民生活の活性化になるのではと考えるわけです。

それとも、ダムの環境調査にヤマサの元従業員を雇いますか??、そんなことはできないですよね。だいたいこの予算なんて市民にのために使うわけではなく、役人のための天下り団体へと流すだけですからね・・・

ということで、由利本荘市は、職を失い生活に困った市民への対応ではなく、役所、首長、市議会、天下り役人のための行政しかしないということで、来年以降、職を求めさまよう人たちで溢れる街になることでしょう!?

空前の景気悪化により、市の税収は激減、財政破綻、市民サービスの益々の低下、逃げ出す人も増え、まじめにこの中心部は廃虚と化すのではと懸念しているしだいです。

3年後、新しい文化ホールや図書館ができ、子吉川に架かる由利橋も立派になり、旧市街地も整然とした町並みになるのでしょうが、そこには、人がいない、そんな市になると予想せざるを得ないわけです。

真剣に、人が住み、生活し、活気のある街とはどんなところなのか、来年度予算を計画する今、この人たちに考えて欲しい、そう思う今日この頃です。

|
|

« 釣り堀 | トップページ | メッセージキャンドル »

Quip」カテゴリの記事

コメント

 本当に年が明ける事を不安に思っている人がどれだけいるのでしょうね。
 天下のTDKも、派遣切りを発表しました。
 失業者であふれる2009年は、不安な一年になる事はまちがいないはずなのに・・・
 市の偉い方たちの一番の関心事は、来年の市長選なんだろうな・・・
 市民の事よりも、自分の応援する人に当選してもらって、自分の安定を一番に考えている職員、議員の人たち。
 そんな気がします。不透明な役所の中でだけ動いている人より、市民全体を考えてくれる人が市長になって、少しでも、明るい話題を与えてほしいと思っているのですが・・
 
 

投稿: makko | 2008/12/23 22:18

makkoさんへ

市長選挙に市役所の総務部長を今月まで務められていた方が、出馬の意向を表明したので、現市長の事実上の後継者として指名されたのかなあと思っていまして、市の現行の政策を引き継ぐ方が次の市長になることの恐ろしさを危惧しているしだいです。

かつて経験のない不況の波がどれだけ大きな波であるのか、職を失う心配がない市の関係者たちは誰も認識できていないのではと疑っております。
これまでのやり方の景気対策では、この波に飲み込まれ、多くの市民がさらわれてしまうという現実のすさまじさを一刻も早く理解して欲しいものです。

あのトヨタが、昨年2兆円もあった利益がなくなり、赤字に転落したぐらい、恐慌の大津波は激しいものであることを・・・

投稿: arube | 2008/12/24 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/26366616

この記事へのトラックバック一覧です: 今は昔:

» 消費者向けローン比較ナビ [消費者向けローン比較ナビ]
消費者向けローン比較ナビ [続きを読む]

受信: 2008/12/23 12:43

« 釣り堀 | トップページ | メッセージキャンドル »