« サマーフェスタ | トップページ | ひまわりまつり »

切り株

Sk01as Sk02as

由利本荘市西目町の県道285号線、この間、ここを車で走っていたところ、いつもと何か風景が違うと思って車を止めて良く見て見たところ、ここにあった桜の木が切り倒されていることに気が付きました。

ということで、この写真がそれですね。

樹齢何年で、どの様ないわれがある桜の木なのかは知らないのですが、一本桜のようにここにぽつんと立っていたそれなりに立派な木でした。あいにく写真を取り損ねていたので、花の写真はお見せできないのが残念と言いいますか、来年こそは写真を撮ろうと思っていたので、この切り株を見たときはかなりショックでしたね。

誰が切り倒したのかを知る人がいないかと色々と聞いてみたところ、東北電力であることが判明、電線の邪魔になるという理由で切り倒したそうです。

長い年月ここにあった木なのに、なぜ急に邪魔物にしちゃたのだろうか?
木の持ち主がいるのかいないのか、調べたが分かららなかったので、切り倒したと、そう言ってはいるそうなのですが・・・

HPには、"当社は、環境問題の取り組みについて、将来をしっかり見据え、急がず、あせらず、でもしっかりと地に足をつけて地域とともに歩んでいきたいとの想いを込め、シンボルマーク「eco tsumuri(エコ・ツムリ)」を作成しました。"とあるのに、なぜもっと地域の人たちに話を聞かずに、「あせって」切り倒したのか、独占企業の強みですかね。
「電気を使わないぞ」という不買運動ができないわけですからねえ・・・

結局、環境って言葉はビジネスに都合よく利用されているだけなのかなあと、考えてしまいますね。

|
|

« サマーフェスタ | トップページ | ひまわりまつり »

Information」カテゴリの記事

Quip」カテゴリの記事

コメント

左上の写真を見る限り、道路を斜め横断して走っている電線の邪魔になったようですね。

環境問題に取り組んでいるなら、桜の木を避けて電線を張る程度の配慮は当然と思います。

海外のお金持ちが、トヨタやホンダのハイブリット車をこぞって買っているそうですが、エコに関心があることを示すステータスシンボルになっているとか。

エコエコと騒ぐけれど、現状はこんなもんなんでしょうね。

投稿: じゃんご | 2008/08/10 06:58

じゃんごさんへ

企業が行っているエコ活動は、環境保全が目的ではなく、企業活動のPRのために行っているものであって、実態はどうでも良いということで、木を簡単に切り倒せるのかなあと思いました。

エコは大企業にとって、単なる金儲けの手段かと・・・

投稿: arube | 2008/08/10 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/22877574

この記事へのトラックバック一覧です: 切り株:

« サマーフェスタ | トップページ | ひまわりまつり »