« ぶどうまつり | トップページ | ぶどうまつり開催中 »

杉の木の伐採

Ks01as

にかほ市金浦にある金浦山神社、掛魚まつりにて鱈の奉納で知られているこの神社の参道には、樹齢300年以上と言われている杉の木が何本もシンボルとしてそびえ立っています。

で、これらの杉の木、かなり弱っていて、倒壊の恐れがあるあるということで、伐採されることが決まり、このほどその作業が始まりました。この景観をカメラに収めるため立ち寄った時、地元の人たちが寂しそうに作業を見守っていました。

Ks02as Ks03as

老木で寿命ということではなく、神社の裏手にあった松の木の防風林が、松枯れにより消失した結果、潮風が杉の木に直接当たるようになり、杉の木が急速に弱っていったそうです。

杉の木を伐採すれば景観が一変してしまうので、反対の声も多かったそうなのですが、冬に雪の重さに耐えれない枝が折れて落ちてきて、お社が壊れたという事故もあったということで、大事故が起こる前にと、伐採は苦渋の決断だったとか・・・

Ks04as Ks05as

倒壊の危険度が高い木のみを伐採しようという考えもあったそうですが、伐採費用の捻出が困難なことより、11本を一括して伐採、売却となったそうで、わざわざ岡山県から業者が伐採に来ていると言っておりました。

伐採した後は再度杉の木を植えるそうですが、もとの景観に戻るのは気の遠くなる時間がかかることでしょう。事情を知らずに、来年の掛魚まつりを見に来た人たちは、さぞかし驚くだろうなあと・・・

金浦山神社
秋田県にかほ市金浦字木ノ浦山18

|
|

« ぶどうまつり | トップページ | ぶどうまつり開催中 »

Information」カテゴリの記事

コメント

立派な杉の木なのに残念ですね。地元の方の中には、子供の頃から親しんだという人も多いのでは。

私事ですが、近所で火事があった時に(神社とお寺)、このような木々が火の粉を遮ってくれ、延焼から助けられてきました。

次に植える苗が早く根付くといいですね。

投稿: エドガー | 2008/08/26 20:08

エドガーさんへ

そうですか、立派な木は、防災の効果もあるのですね。

5年ぐらいかけて議論して決めたそうなので、地元の人たちは最後まで切らなくてすむことを模索していたのかもしれません。

投稿: arube | 2008/08/26 20:25

木を伐採すると地球環境我々の違う環境に悪い影響をもたらします伐採伐採は反対!伐採するより逆に木を増やせです

投稿: あき | 2009/04/01 08:44

あきさんへ

この杉の木に関しては、塩害により枯れてしまったため、やむなくの伐採だったそうです。
代わりになる杉の木の植林事業も行っているそうです。

投稿: arube | 2009/04/01 19:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/23213142

この記事へのトラックバック一覧です: 杉の木の伐採:

« ぶどうまつり | トップページ | ぶどうまつり開催中 »