« 森のびょういん | トップページ | 夕焼け »

ニューフェイス

昨日に続いて大森山動物園(秋田市)の話題ということで・・・

Nb01 Nb02

まあ、当り前なのですが、毎年動物園ではなにがしかの動物の子どもたちが生まれニューフェイスとして、展示施設へデビューするのですが、今年の目玉は、アムールトラの2頭の赤ちゃんでしょうか。

この春に誕生し、これまでは、屋内のみで飼育されていたのですが、5月末より屋外飼育場に出され、公開されるようになりました。
レッドブックに掲載されている種であるアムールトラ、赤ちゃんは生後間もなく死ぬことが多いそうで、かなり飼育には気を使うそうですが、無事に公開されるところまで来たということで、作年のライオンの赤ちゃんの誕生に続き、猛獣舎は今年もお客さんでにぎわうこと間違いなしですね。

Nb03 Nb04

猛獣なんだけど、トラはネコ科の動物ということで、2頭のアムールトラの赤ちゃんのする行動は、とてもかわいく見えます。
春の動物ふれいあいフェスティバル」にて2頭の名前の公募があったので、もうすぐ名前の発表があるかと思います。

Nb05 Nb06

さて、動物園では、アムールトラの他にもニューフェイスが続々と公開されていまして、写真は猿山にいる赤ちゃん、母親にずっとだっこされていて、赤ちゃんの全身が見える写真が撮れなかったのですが、母親が餌を食べるのにも水を飲むのにも赤ちゃんをだっこしながら激しく動いているのを見て、それにしがみついている赤ちゃんのたくましさには感心をします。

Nb07 Nb08

もう一つ、コクチョウの赤ちゃん、園の入り口の階段を降りて直ぐ目の前にいる水鳥ですね。個人的にここを普段は素通りしてしまうのですが、赤ちゃんがいるということで、じっくりと観察をしながら写真を撮りました。コクチョウの赤ちゃんもかわいいですね。

この他の動物達の赤ちゃんもいるのですが、私の写真を見るよりは、実物を見た方が断然かわいいので、動物園の赤ちゃんたちで癒されたい方はぜひ実物をどうぞ、お早めに・・・

ということで、大森山動物園の話題でした。

大森山動物園
秋田市浜田字潟端154
TEL : 018-828-5508
開園期間 : 3/15~11/30(期間中無休)
開園時間 : 9:00~16:30
入園料 : 大人500円(年間パスポート1200円)、中学生以下無料
無料駐車場あり

|
|

« 森のびょういん | トップページ | 夕焼け »

Facilities, Place」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/21365393

この記事へのトラックバック一覧です: ニューフェイス:

» おすすめ日帰り情報 [higaeri-nippon]
全国の日帰り旅行・温泉・ドライブ・キャンプ情報です。 旅のお供にご利用ください♪ [続きを読む]

受信: 2008/06/07 20:16

« 森のびょういん | トップページ | 夕焼け »