« 獅子ヶ鼻湿原 | トップページ | 奇形ブナの森 »

あがりこ大王

Ad01

あがりこ大王」、樹齢300年以上と言われている奇形ブナの木でして、中島台レクリエーションの森(にかほ市)のシンボルツリーでもあります。

幹周りが7.62mもある大木、日本一の大きさの奇形ブナとして、森の巨人たち100選にも選ばれているブナでして、実物を見れば、大王の名は大げさではないというのが理解できますね。

Ad02

「あがりこ」というのは、「芽が上がる」という株立ちをしている様子を秋田の言葉で表現しているものでして、いつしか、「あがりこ大王」と、このブナの木をそう呼ぶようになったとか。

このような奇形になった要因、自然の何か事件があってとか、人為的な事故だとか、諸説あるようですが、何れ、ブナの木が天に向かって成長しようとする偉大な力があったこそだということですよね。

Ad03 Ad04

この「あがりこ大王」、たくさんの人が見に来て、根元を踏みつけるようになったということで弱っているとかで、一部、木の外敵である菌類が繁殖して、治療中だそうです。確かに樹脂コーティングされている場所がありました。見ていると、痛々しい感じがします。

Ad05 Ad06

ちなみに、ここからは、鳥海山を望むこともできます。ブナ林に遮られ、分かりにくいのではありますが・・・

数々の自然の変化に耐えここまで成長したブナの木、この森のシンボルツリー、そして大王として、いつまでも君臨していて欲しいなあと思いながら、この木を眺めていたしだいです。

中島台レクリエーションの森
にかほ市象潟町横岡字中島台
問合せ先
にかほ市 産業部 観光課
TEL : 0184-38-4305

|
|

« 獅子ヶ鼻湿原 | トップページ | 奇形ブナの森 »

Facilities, Place」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/21038916

この記事へのトラックバック一覧です: あがりこ大王:

« 獅子ヶ鼻湿原 | トップページ | 奇形ブナの森 »