« あそびのあしあと作品展 | トップページ | 闘心乱華見参 »

由利本荘ひな街道

また、「由利本荘ひな街道」(2/9~4/20)の話題なのですが・・・

Dh11

梵天まつりの帰りに、「道の駅 おおうち」にある「出羽伝承館」に行って、飾られているひな人形を見てきました。

ここに飾られているひな人形は、土で作られた、いわゆる土人形でして、旧大内町で古くからあるひな人形だそうです。

展示されている人形は、秋田県で約200年前に作られるようになった、八橋人形というタイプのものがメインだといことなのですが、なぜ、この町に現在の秋田市の八橋で発祥した土人形が伝わってきて、作られるようになり、伝承されて来たのかは、解説が特になかったので、分からないわけですが、土人形のひな人形は、一般的な人形よりも廉価だと聞いていますので、庶民受けが良かったのかなあなんて想像をしています。

Dh12 Dh13

矢島町でひな人形を見た時には、簡単な説明板が置かれていたのですが、ここにはなかったのが、ちょっと残念に思いました。それとも私が見逃したのかなあ・・・

土人形なので、普通のひな飾りに比べ、おもちゃっぽく見えるのですが、それはそれで、愛嬌があり、かわいらしく感じました。記念にもうすこしアップで撮影したするべきだったと少々反省・・・

まあ、こんなひな人形も展示されていますということのご紹介でしたが、4/20まで開催ですので、桜の咲く頃に由利本荘市方面へ来られて、ついでに見学されるのが良いのかなあなんて思っております。

由利本荘 ひな街道
由利地域振興局総務企画部
地域企画課 企画・地域振興班
TEL : 0184-22-5432

|
|

« あそびのあしあと作品展 | トップページ | 闘心乱華見参 »

Event」カテゴリの記事

コメント

初めまして。「新・自分探しブログ」の管理人のシンと申します。私は現在「情報企業家」として生活しております。私は現在鬱病闘病中です。鬱になり、人の温かさ、人との繋がり、人から勉強させてもらうという事がいかに大事かわかりました。現在は色んな人との出会いを大事にしたいと考えております。ランキングにも協力させて頂きまね。私のブログへも暇な時に覗いてくれたら嬉しく思います。

http://japan11921024.blog66.fc2.com/

内容はネットビジネス、鬱病、禁パチ、ヤクザさんとの修羅場体験、恋愛商法体験、架空請求体験など、過去の話や日常を記事にしております。良かったら遊びに来て下さい。ランキングも応援して頂けたら嬉しく思います。後…大変恐縮なのですが相互リンクもお願い出来ませんでしょうか?どうか宜しくお願い致します。

突然のコメントで申し訳ありませんでした。それでは失礼致しますm(__)m

投稿: シン | 2008/03/13 18:17

arubeさんのフットワークの良さにはいつも敬服されます。
無精な私も少しは見習わなければと思うことしきりです。
驚きました。
八橋人形が由利にまで伝わっていたとは!
現在、八橋人形は道川トモさん唯一人が継承者になっています。
後継者はおりません。
高齢になられた道川さんの健康が気がかりですがお元気なようです。
あの素朴な京都伏見人形の流れをくむ土人形がこのままでは廃れてしまう危機にあります。
秋田市は何をしているのか!秋田八丈の二の舞にならないよう願うばかりです。

投稿: じゃんご | 2008/03/13 19:06

シンさんへ

ご訪問およびコメントありがとうございます。リンク先を拝見させていただきました。私にはない生活観のブログですね。

リンクは、秋田県に関わるブログに限っていますので、その点、ご容赦願います。

投稿: arube | 2008/03/13 19:52

じゃんごさんへ

私もここのひな人形を見るまで、大内町に土人形が伝承されていることも、当然、それが八橋人形だということも知りませんでした。

このような展示会のイベントを通じて、県民が伝統工芸に関心を持ち、行政を動かすことができればと思いますね。

投稿: arube | 2008/03/13 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/11179567

この記事へのトラックバック一覧です: 由利本荘ひな街道:

« あそびのあしあと作品展 | トップページ | 闘心乱華見参 »