« ドラえもんまつり | トップページ | 長坂稲荷神社梵天まつり »

鳥海オコジョランドスキー場

えーと、ことのついでに・・・

Os61 Os62

鳥海オコジョランドスキー場」です。由利本荘市鳥海町にあるスキー場でして、以前は町営でしたが、合併により運営が引き継がれ、現在は由利本荘市の市営スキー場として営業されています。

ロマンスリフト1機だけしかなく、最長コースも1km弱と小さなスキー場ではありますが、雪質は良く、滑走しやすいということで、ファミリー向けにはちょうどよいスキー場であります。

Os63 Os64

レストハウスもちゃんと完備されていまして、お座敷タイプの休憩室もありますので、子ども連れで来たときなど、着替えさせたり休ませたりするのに便利が良く、使い勝手も悪くはありません。

Os65 Os66

レストランも設けられていますので、食事も心配もありません。このような場所にしては、良心的な価格設定になっているのもファミリーにはもってこいというところでしょうか。

さて、このスキー場、赤字経営が続いているということで、廃止の議論が巻き起こっております。
1月下旬に今年度で廃止と、市はプランを提示したのですが、地元から猛反発を食らって、今期限りというのは、ひとまず撤回にはなったようです。
作年も同じような議論をしていて、今後どうするかは、来年度、つまり今年度の営業の終わりまでに検討すると言っていたのですが、一年もあったにもかかわらず、地域住民と十分な議論をしないまま、突然廃止を打ち出したものですから、大騒ぎとなったわけですね。

この種の地元密着型の施設は、福利厚生、教育的な面もあるので、営業利益だけで議論するべきものではなく、市民と対話しながら、今後どうするかを議論すべきなのに、赤字だから廃止が当然と言うのは、市のお粗末さを感じてしまうわけであります。
ここでスキーを学び、毎年大会を開催して競い合っている子どもたちの気持ちをちゃんと考えてプランを提示しているのかなあとも。

どように運営すれば赤字が減らせるのとか、他の地域からもっと客を呼ぶ方法はないのかとか、赤字でも、市民に対する貢献度が高ければ、福祉という意味で残すということも納得できるので、今まで、スキーを授業に取り入れていなかった市内地域の学校も対象にし、活用するとか、せっかっく大合併したのだから、なぜ市全体で有効活用する方法というのを考え、市民を巻き込んで議論しないのか大いなる疑問ですよね。

まあ、由利本荘市だから、と言ってしまえば簡単なのですが(笑)、合併は行政のスリム化、合理化が目的であって、赤字施設の切捨が目的ではなかったはずです。
事務的な面の統廃合、人員整理などの合理化が順調に進んでいるとはとても思えません。
年間1500万円の赤字で騒ぐのであれば、市民が納得する理由がなく、2億円以上かけて市の第2庁舎の建て替えしていることを問題視すべきだと思います。

ここのスキー場は、周りに温泉付きの宿泊施設があり、環境は決して悪くはありません。
首都圏から客を呼ぶのは難しいかと思いますが、酒田、鶴岡あたりから、スキーを楽しんで温泉につかり癒されませんか?ということで、子ども連れのファミリー層は呼べそうに思うのですが、そう言った努力なんかはどのくらいしているのしょうか?

色々な赤字のものを廃止するのが財政健全化には手っ取り早いのでしょうが、福利厚生をまずは切り捨てるという態度を示すと、これから巣立つ世代の若者たちはますます地元から離れていくような気がしますね。
まあ、市ご自慢のケーブルTV網ができれば、そこでバーチャルなスキーを楽しめば良いと言っているのかなあと解釈をしておきましょう(爆)。

鳥海オコジョランドスキー場
秋田県由利本荘市鳥海町猿倉奥山前3-11
TEL : 0184-58-2932
営業時間 : 9:00~20:45
主なリフト料金
1回券 : 大人 : 160円、子ども: 120円、シルバー :160円
日中券 : 大人 : 2200円、子ども : 1100円、シルバー : 1600円
今年度は、3/23まで営業

|
|

« ドラえもんまつり | トップページ | 長坂稲荷神社梵天まつり »

Facilities, Place」カテゴリの記事

Quip」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/11021951

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海オコジョランドスキー場:

« ドラえもんまつり | トップページ | 長坂稲荷神社梵天まつり »