« まめでらが~ | トップページ | 横手やきそばドロップス »

加飾卵殻技法

秋田の工芸品のご紹介ということで・・・

At21 At22

現在、秋田県立博物館にて、「秋田の手しごと」という企画展示を行っている(~4/13)のですが、それに関連した実演として、タイトルの「加飾卵殻技法」なるものが行われていたのを見かけました。

ぱっと漢字を読んだだけでは分かりにくい技法なのですが、ようするに、卵の殻を使ってデザイン画を作るというものであります。

At23 At24

漆塗りの板の上に、下絵を施し、その上に前処理を行った卵の殻(うずらの卵だと言っておりました)を貼り合わせていくというものでして、貼り合わせるための糊も漆を使用しているそうであります。
見た目では卵の殻だとは思えないようなきれいなできばえでして、こんな作品の作り方もあるのだなあと、ただ感心をしたしだいでした。

で、この技法の実演を行っている方ですが、船木奈緒子さんとおっしゃいまして、秋田公立美術工芸短期大学で学び、卒業後、漆工を職として、活動されている方だそうであります。

この「加飾卵殻技法」の他、写真のような物も手がけれおられるとのことでして、来月、3/20~23には秋田市大町のcoco laboratory で「漆と金属」という作品展が開催され、そこで、色々なものを見ることができるそうです。

ちなみに、この蝶々と花のデザインの作品の値段は?と聞いてみたのですが、売り物ではないので値段はつけられないと言われてしまいました。

ということで、「加飾卵殻技法」の話題でした。

漆と金属
3/20(木)~3/23(日)
11:00~20:00(21日は18:00、最終日は17:00)
coco laboratory(ココラボラトリー)
秋田市大町3丁目1-12川反中央ビル1F
TEL : 018-866-1559
FAX : 018-866-1559

秋田県立博物館
秋田市金足鳰崎字後山52
開館時間 :
4月1日~10月31日・9:30~16:30
11月1日~3月31日・9:30~16:00(平成19年度は16:30まで臨時に延長)
休館日 :
毎週月曜日(ただし、祝日・振替休日と重なったときはその次の平日)
年末年始(12月29日~1月3日)
全館燻蒸消毒期間(10月22日~10月26日) 

|
|

« まめでらが~ | トップページ | 横手やきそばドロップス »

Artifact」カテゴリの記事

コメント

 娘たちが婆さんに連れられて県立博物館に行ってなんか作ってきたそうです。博物館というと展示物を眺めるだけという意識があったんですが、最近は違うんですね。
 それにしても博物館は立地がねえ・・・

投稿: らむぜ | 2008/02/27 22:14

らむぜさんへ

いつの頃からか、ここの博物館は、見るだけではなく参加型に変わったということで、子どもたちが遊びや工作が常時できるスペースも入口は行って直に設けられています。
体験プログラムのあるイベントも定期的に開催されているのですが、PR不足なのか、見るだけではないと、知らない人が多いようですね。

投稿: arube | 2008/02/28 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/10774329

この記事へのトラックバック一覧です: 加飾卵殻技法:

« まめでらが~ | トップページ | 横手やきそばドロップス »