« スノーフェスティバル | トップページ | 皆瀬川のハクチョウ »

犬っこまつり

Im081

ご存じ、湯沢市の伝統の小正月行事「犬っこまつり」です。秋田の冬の代表的なお祭りでありますが、かれこれ400年近くも続いている民俗行事であります。
その昔、人家を襲う「白討」という大盗賊の一味を殿様が退治したのをきっかけに、このような盗賊が二度と現れないようにと、旧正月にしん粉で作った犬などを家の前などに飾り、祈願したのがこのお祭りの始まりと言われております。

Im082 Im083

しん粉細工そのものは、京の都よりやって来たお姫様が、寂しさを紛らわせるために、始めたものが湯沢に広まったきっかけだと、何かで聞いたような記憶があります。しん粉に水や塩などを加えて練り上げた生地に、赤、黄、緑の三色で色付けするのが、犬っこの特徴でもあります。

Im088 Im089

お祭りを見に行った日は冬とは思えないくらい、青空がひろがり天気が良かったですね。なので、会場にあったたくさんの犬っこやお堂の雪像の展示は、眩しいぐらいに輝いていました。立派な雪像が並んでいますので、当然のことながら、その前で記念撮影をする家族の姿があちらこちらで見受けられましたね。私ももちろんそのうちの一人です。

Im084 Im085

この雪像を造るようになったのはこの行事が始まってから後の事だそうですが、観光用にだんだんとそれが大きくなり現在のような展示になったそうであります。
メイン会場の他、町の通りにも約400ヶのお堂の雪像が造られていまして、お祭りの雰囲気を盛り上げていました。

会場では、馬ソリで雪像の周りを周回するサービスや、ソリ遊びの滑り台も造られていまして、たくさんの子どもたちがそれらで楽しんでいるのが印象的でした。ちょっと、雪がゆるんでいたので、馬も大変ではなんて余計な心配も・・・

Im086 Im087

別会場では、雪上バレーボール大会なんてのも開催されていまして、雪に足をとられながらも、元気に試合をしている姿を見ると、雪を上手に使って楽しんでいるなあと感心をしました。
あと、湯沢市の物産市なるものも開催されていたのですが、その場を見て歩くのも大変なくらい、たくさんの人で賑わっていましたね。やはり、内陸部、県南の方が商売が上手だなあなんて、これまた感心をしたしだいです。

ということで、「犬っこまつり」の話題でした。

|
|

« スノーフェスティバル | トップページ | 皆瀬川のハクチョウ »

Event」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/10394657

この記事へのトラックバック一覧です: 犬っこまつり:

« スノーフェスティバル | トップページ | 皆瀬川のハクチョウ »