« 冬の鳥海山 | トップページ | 金浦神楽 »

鱈まつり

Tm51

旧金浦町(にかほ市)の勢至公園で行われた「掛魚まつり」です。毎年、立春の2月4日に開催される伝統行事でして、神社へ奉納される魚が大鱈といことで、別名「鱈まつり」とも呼ばれています。

その年の豊漁と漁の安全などを祈願するために、金浦山神社の神殿へ魚を奉納するというのがメインのイベントですが、奉納する魚は、その昔は大きい魚ということで、特に漁種は決まっていなかったそうですが、昭和の時代に入り、鱈漁が盛んになったということで、奉納する魚が鱈になったと聞いております。

Tm52 Tm53

神社への奉納行列は、漁師さん達の他、地元の子どもたちも参加し、行われていました。大鱈は、1匹、13kg前後はするそうですから、子どもたちの頑張りようが分かるかと思います。

地元の漁師さんたちの祈願祭だったものが、それを見に来る人たちが多くなり、やがて、観光客にも鱈汁が振る舞われるようになったのが、今ではすっかりこれが定着し、この新鮮な鱈で仕込んだ鱈汁を目当てに遠くから来るお客さんも少なくはないようです。

Tm54 Tm55

今年も、1杯300円で振る舞われていまして、順番を待つ長い行列ができておりました。寒い中の順番待ちですから、まだかまだかと、殺気だっている感じもでありました。

Tm56 Tm57

会場では、鱈汁の他、地元の特産品や、生の鱈の販売なんてのもありまして、写真の寒鱈のセット(正味2kg以上)は、1セット4000円(税、送料込み)だそうです。通信販売もしているようですので、この書き込みの最後に取り扱い店を掲載しておきました。

この鱈まつり、観光客でにぎわう一方で、地元漁港で、漁に出る船の数はピーク時の1/4程度に激減しているそうでして、金浦漁港での鱈漁そのものの存続自身が危ぶまれているとも聞いております。
昨今の燃料代の高騰や県内の人口の激減を考えると、さらに厳しい環境になっているのではとも思われます。
伝統の行事だけでなく、伝統の産業をどう守っていくのかも秋田県の抱える大きな問題の一つと言えそうですね。

ということで、鱈まつりこと掛魚まつりの話題でした。

鱈セット取扱店
マルイチ水産
にかほ市金浦114-1
TEL : 0184-38-2323
FAX : 0184-38-2882

|
|

« 冬の鳥海山 | トップページ | 金浦神楽 »

Event」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
天寿酒造の旬どきブログを担当しております天天です。今回は鱈の話題にしようと思い画像を探しておりましたところarubeさんにたどり着きました。

鱈祭りの写真お借りしたく、ご検討くださいますようお願いいたします。

投稿: 天天 | 2008/02/08 11:43

天天さんへ

了解しました。転載OKです。ご自由にお使いくださいませ。

投稿: arube | 2008/02/09 08:03

ありがとうございます。
ところで蔵開放はおいででしたでしょうか?
ご挨拶もできずにいたら申し訳ございません。

では、写真遠慮なく使わせていただきます。

投稿: 天天 | 2008/02/11 17:06

天天さんへ

ご丁寧にどうも。

えーと、残念ながら、その日は、他の地域へ行くことを優先したために、酒蔵の方へは行かなかったということで、挨拶の件はご心配なさらないでください。

投稿: arube | 2008/02/11 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/10255269

この記事へのトラックバック一覧です: 鱈まつり:

« 冬の鳥海山 | トップページ | 金浦神楽 »