« 小春日和 | トップページ | さよなら感謝祭 »

どうなるのやら

Hg88 比内地鶏の偽装問題、対策として県にる認証制度を確立すると聞いたときに、厳格になりすぎて窮屈になり、逆に混乱を招いたり、生産が容易ではなくなるなんてことは避けてほしいなあと思っていたのですが、さっそく、ケージでの飼育はNGとかで、生産者混乱をしているようであります。

まあ、確かにグレーゾーンを残したくは無い、という県の気持ちは分からないのではないのですが、役人にありがちな現場を無視した会議室での一方的な決定で進めてしまっているのではと思います。

真剣に厳格化というのであれば、血統だけではなく、飼育された結果、地鶏としての品質まで保証となりますけど、そんなのは無理ですよね?
血統は間違いなく、指定された飼育環境にも間違いはなくても、個体差というのは必然的にでるわけですからねえ。
ケージ飼いを排除されてしまった生産業者、これからどうするのでしょうかねえ?飼育環境を変えるのに負担が増えるだけではなく、それこそこれまで偽物を売っていたなんて、クレームをつけられて、返品、返金など損害賠償問題なんてのにならないのか心配であります。何らかの救済措置はあるのでしょうか?

証明書を発行したところで、途中の流通業者は今の国のシステムではいくらでも偽装は可能ですから、それを県だけで克服するのは不可能ということだけは間違いありません。
名古屋コーチンだって、生産量の10倍前後流通しているとか言われておりますので、比内地鶏だって、それなりの偽物はこれまでも、これからも流通するはずであります。
だいたい、中国の食品問題が騒がれたの後、スーパーの店頭に並んでいる物が、中国産から国産へと切り替わっているわけですが、そんな急に国産物の生産量が増えるわけではないので、偽装されているものが平気で売られていると考えるのが当然の社会です。
なので、行き過ぎた厳格化ではなく、県には生産者が困らない、ほどほどの対策だけをと思っております。

でもまあ、比内鶏社の偽装って、この会社と関係していた周辺の方々、内部告発があるまで本当に分からなかったのでしょうかねえ?
うまくグループ企業を使ったとはいえ、取引している業者が、仕入れと出荷の鶏の内容が異なるという実態に、まったく気が付かなかったということ、私としては想像しがたいのであります。
知っていてとしても、儲かれば良いという世の中ですから、いまさら白状するわけでもなく、事実は闇へと消えて行くのでしょう。

それと、偽物薫製を秋田県を代表するお土産物として扱っていた業者さん達、彼らはどのくらい反省しているのでしょうか?詐欺にあった場合、騙された方も悪いような言い方をされますが、今回の偽装騒ぎでは、取り扱っているバイヤー、比内鶏社を非難しているだけで、偽物を見抜けなかったことを反省しているような弁を見かけないのであります。
本物と偽物を並べれば、味の違いは分かります。バイヤーさん達って、味を確かめ、生産状況を確認し、取り扱う物に責任を持つということはしないということですよね。
売った人たちもある意味、偽装の片棒を担いだという反省をと思うのですが・・・

話が飛びますが、比内地鶏のスープというのが何種類も売られてますが、使用原材料の所に化学調味料なんて書かれていると、ある意味、これって味を偽装?なんて思うのです。
少し比内地鶏を入れて出汁を取り、足りない分は別な調味料でごまかすってのは、県が厳格化というのであれば、かなりグレーな商品になるような気がします。

ところで、話がもっと飛んで、今回の偽装事件、一番疑問に感じているのが、偽装を県が発表した時期に関してであります。
10/16日に比内鶏社にガサ入れ調査に行ったそうですが、チクリがあったのが、前日の10/15ですから、お役所の仕事としては、あまりにも素早すぎる動きに大いなる疑問を感じます。
嘘の情報で乗り込んでは一大事ですから、チクリがどの程度本当なのか、会社に乗り込む前に情報をさらに収集するのが当然でしょうから、これがお役所仕事としてたった一日(事実上一日分も無い?)で完了して、しかも、役所の上昇部に報告をし、調査の許可を得るところまでできるなんて、とてもじゃないけど信じられないのであります。

秋田わか杉大会の閉会が10/15であったことを考えると、チクリの情報はもっと前からあったけど、国体前には騒ぎを起こしたくないので、調査をしながら国体行事が全て終わるをの待っていた、そう考えることの方が自然な思考に思えるのであります。
だったとするならば、県は偽もと知っていながら、偽物を試食に出し、お土産として売りつけていた分けですから、県がサギ行為?ということになりますね。
でも、これも真相は闇の中へ・・・

あまり、県そのものが大騒ぎをして、偽装の負のスパイラルに陥り、秋田県の活気が失われないことを願うのであります。

今日は、偽装事件に関し、個人的に思っていることを書いてみました。

|
|

« 小春日和 | トップページ | さよなら感謝祭 »

Quip」カテゴリの記事

コメント

比内地鶏のことを「比内鶏」と勘ちがいしている新聞、TV、ラジオが東京ではまかり通っています。

投稿: 653 | 2007/12/03 02:15

653さんへ

そうですか、メディアが勘違いしているのは問題ですね。風評被害が拡がりそうで。

でも、秋田でも、比内鶏と比内地鶏の区別を知らない人はいるのですが・・・

投稿: arube | 2007/12/03 17:46

 なんかニュースによると、危惧されてたような話になってますねえ。

投稿: らむぜ | 2007/12/09 03:09

らむぜさんへ

急に線引きをしようとしたので、混乱は当然の結果かと・・・
なんとか軟着陸してほしいものです。

投稿: arube | 2007/12/09 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/9200554

この記事へのトラックバック一覧です: どうなるのやら:

« 小春日和 | トップページ | さよなら感謝祭 »