« 初雪 | トップページ | ほねっこひろば »

森っち

M01 来年秋田県で開催される「第59回全国植樹祭」そのマスコットキャラクターの「森っち」です。で、写真はその着ぐるみですね。まあ、いわゆるゆるキャラというところでしょうか。ちなみに、秋田県でこのイベントが開催されるのは40年振りだそうです。

スギッチよりも目立ってはいけない?と、国体前はそんなに活動はしていなかったのですが、国体終了後は、植樹会などのイベントには必ず、この着ぐるみが現れるようになりました。それまでは、どんなイベントでも、スギッチだったのですが、様変わりですね。

森の妖精なんでしょうけど、スギッチを見なれていただけに、なんとなく、なじめないといいますか、ちょっとショボさを感じてしまうのは気のせいでしょうかねえ?
スギッチが一躍有名になったのだから、そのまま秋田のマスコットとしてスギッチを植樹祭にも活用すれば良かったのでと思うのですが、役人の仕事が血税を無駄遣いすることだからいたしかたないのでしょう。
でも、スギッチは秋田県の木、スギだし、秋田のマスコットだとそれなりに浸透したし、と思うと、やはりもったいなさを感じますね。
せめて、森っちはスギッチの弟か妹という扱いにして、一緒に活動させるわけにはいかなかったのでしょうか。このままスギッチが忘れ去られると思うと可哀想になってきます。

まあ、新しいキャラを作っちゃったんだから、色んなイベントに積極的に参加してもっと浸透させましょうね。私の周囲の人々、森っちなんて知らないって、たいていの人がそう言いますけどね。

森っちの話はさておき、全国植樹祭に一般参加する人たちを募集中だそうです。詳しくはここを見てください。参加資格は県内在住の方だそうですが、各地域からの送迎バスとお昼のお弁当も無料だそうです。時間が許す方、ぜひ参加してみては!

あ、そうそう、話は飛んで、「森林環境税」とうとう可決しちゃいましたね。これまでのむやみに山を切り開き人工林化した、林業の反省、責任の所在、これからの林業の方向性なんて話は全く無視して、増税をしてしまいました。
森を守ろうなんて聞こえはいいのですが、その一方で、林業事業の発展のために、木を倒して林道の整備はしているわけでして、この増税した税金もどこへ消えていくのやらという想いです。

使途不明にしないよう、専用の基金にして委員会でチェックするとは言っていますが、委員会のメンバーは知事が選ぶイエスマンですから、どの業者に流れようが事実上ノーチェックなわけです。当面、税金は年間800円/人だそうですが、なんだかんだ言って、直ぐに足りないと言って、税額をあげることでしょう。5年を目処に見直すとされているのに、5年を待たずに見直すと知事が急に言い出していることにもこのことがうかがえます。

でも、なんで林業公社の清算をしないで、増税をし、県民に林業事業の失敗を後始末させるのでしょうねえ?こんな使途不明の増税をするより、秋田県の人口流出対策を議論するのが先かと思うのですが・・・

|
|

« 初雪 | トップページ | ほねっこひろば »

Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/9030568

この記事へのトラックバック一覧です: 森っち:

« 初雪 | トップページ | ほねっこひろば »