« いものこまつり | トップページ | 稔りの秋 »

動物愛護フェスティバル

601 602

9/17(月)に秋田市の大森山動物園にて開催された毎年恒例の「2007あきた 動物愛護フェスティバル」です。9/20からの動物愛護週間にあわせての開催だそうですが、この動物愛護週間というのは「動物の愛護及び管理に関する法律」というのに定められているそうでして、このイベントを今回見に行って初めてそういうことを知りました。へぇ、そうなんだ、とまた一つ賢くなった気がする私でした(笑)。

さて、大雨洪水警報が発令されている中、動物園にわざわざ来るのは、このイベントの関係者か、私のようなもの好きだけ(笑)?ということでして、せっかくのイベントなのですが、当然のことながら人影はまばらとう状況でした。
まあ、私も秋田市への用事と動物園の年間パスポートがなければ来なかったのですけどね。

敬老の日ということで、オープニングのテープカットに続き、長寿の動物を飼っている飼い主への表彰(今回は16歳以上の犬猫の飼い主が対象)からイベントが始まりました。この後に行われるはずだった吹奏楽の演奏は中止になり残念でしたね。
そうそう、オープニングの挨拶での話、県内で保健所に持ち込まれる動物が毎年2000頭ぐらいいるそうでして、結構な数だなあと思いました。大半が赤ちゃんのうちはかわいくて飼ってはいたけど、大きくなり手に負えなくなったということで持ち込むそうですが・・・

603 604

雨なので、野外での動物へのふれあいはちょっと難しい状態でしたが、せっかく来たということで、ストーンペインティングで動物を作ろうというのとクイズラリーというのに参加しました。
絵心のない私は、何をか来ているのか分からない状態に、クイズは3択なのですが、動物のことを知らないと答えられないほど難しく、周りのもヒントがないクイズでして、半分しか正解できませんでした。雨に濡れながら頑張って園内を一周したのですが・・・(笑)

大雨に見舞われなければ盛大なイベントになったのしょうけど、天気ばかりはしかたがないですよね。
ということで、大森山動物園でのイベントの様子でした。

|
|

« いものこまつり | トップページ | 稔りの秋 »

Event」カテゴリの記事

コメント

動物園には、行きたいと思いながらなかなかいけないでおります。
特に、ライオン!?トラ!?のえさを食べるシーンが見たいと思ってます。

投稿: ペチママ | 2007/09/19 13:26

しばらく動物園に行ってませんが、ボランティアガイドは参加してませんでしたか?市民参加型の動物園を目指そうと数年前に設立されていたのですが、最近は聞かなくなりました。

投稿: 明烏 | 2007/09/19 18:58

ペチママさんへ

昔とは違い間近に見れるようになりましたので、餌やり(まんまタイム)の時は迫力満点ですよ!
ぜひお出かけくださいませ。

投稿: arube | 2007/09/19 20:20

明烏さんへ

動物園のスタッフではないと思われるイベントスタッフがいたので、その方々が明烏さんのおっしゃるスタッフなのかもしれません。
ただ確証がないので、それらしい人がいたとしか言えないのですが・・・

投稿: arube | 2007/09/19 20:27

>赤ちゃんのうちはかわいくて飼ってはいたけど、大きくなり手に負えなくなった

 ペットが手におえなくなるって情けない話だな。

投稿: らむぜ | 2007/09/19 22:09

動物園へは最近行っていませんねぇ。
動物愛護といいますと、うちにも愛犬がいるので関心があるのですが、時折某所でやるドッグショーは最低でした。どの犬も元気がない。
幼い頃から、ペットの生死を見させることが、一番の勉強になると思います。

投稿: じゃんご | 2007/09/19 22:35

らむぜさんへ

生き物を飼うという覚悟無しに、かわいいという衝動だけで飼っちゃうと手に負えなくなるのでしょうね。

投稿: arube | 2007/09/20 20:34

じゃんごさんへ

私も生き物を飼って命の尊さを勉強させるのは、子どもへのよい教育だと思ってます。
最近はゲーム感覚が身に付きがちなので、今までよりも生き物から学ぶことが重要になっているようにも感じています。

投稿: arube | 2007/09/20 20:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/7983047

この記事へのトラックバック一覧です: 動物愛護フェスティバル:

« いものこまつり | トップページ | 稔りの秋 »