« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

国体プラザ

891

昨日から始まった秋田わか杉国体、開会式は天気が良く、客入りも良かったようで、なによりだなあという感想であります。

さて、国体期間中の情報発信の拠点として、JR秋田駅前にある秋田拠点センター アルヴェ 1Fの広場に「国体プラザ」というのが開催されてます。
秋田に来た選手や関係者と秋田県民とのふれあいの場を創出するのが目的だそうでして、コンサートやトークショー、太鼓や竿燈の実演など色々なイベントが仕掛けられている他、インフォメーションが設けられていまして、国体に関する様々な情報を得ることができるようになっています。

昨日、立ち寄ったときには「超神ネイガーショー」をやっていましたが、県外の人たちには秋田弁と秋田にちなんだキャラクターのことをどれだけ理解できたのでしょうかねえ。
どうせなら、秋田の誇るヒーローなので、開会式会場でド派手にやればとも思ったのですが、頭の固い大会役員はそんなことはまず考えないだろうなあというところですかね(笑)。

892 893

このネイガーショーは、10/8(月)にも再度予定されています。今日は、夜18:00からは大会のイメージソングのボーカルと作詞を担当した松本英子さんのコンサートが予定されています。その他、毎日色んなイベントがありますので、国体プラザのHPをチェックしてみてください。

会場には、出店もありまして、秋田の名物を買い求めることができるようになっています。また、競技会場のライブ中継も見れるようになっています。
期間は、9/29(土)~10/9(火)までです。毎朝、10:00にオープンです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

田園の風景

D11

にかほ市の仁賀保高原向かう途中にある展望台から日本海側を望んだ風景であります。秋田県内至る所で、高台から平野部を見下ろせば、このような田園風景を見ることができます。ちょうど稲刈りが始まった頃ということで、黄金色に色付いた風景が広がっています。

米の生産量、秋田県は東北の中ではダントツの1位でして、全国でも3位というぐらい、稲作が盛んな地域であります。昔から変わらず米作りにこだわっているということなのですが、別な見方をすると、米以外を作るという、新しいことにはなかなか手を出すことをしないとも言えるのかもしれません。

今年の作況は全県平均では「やや良」だそうですが、豪雨の被害が大きかった県北では「やや不良」だそうでして、やはり、異常な気象の変動にはかなわないなあという思いですね。

さて、ちょうど収穫の時期と、今日から始まる「秋田わか杉国体」が重なりましたので、他県から訪れた選手のみなさんには、ぜひ秋田のおいしい新米を味わって、秋田のお米はおいしいと実感して欲しいものですね。
実際に新米が食べれるように宿舎の関係者の方が気を配っていただければ良いのですが・・・

価格の低迷、後継者問題、気候の変動など、色々と稲作を取り巻く環境は厳しいのですが、稲作に生業を頼っている人たちが多いのが秋田県であります。
この風景がなくならないように、行政にはちゃんとしたビジョンを持ち実行していただきたいかと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

西目わい化りんご

331 351

さて、明日はいよいよ秋田わか杉国体の本大会の開会式ですね。開会式の入場チケットを持っているみなさん、ちゃんと見に行きましょうね。冬季国体の開会式時には半分程しか観客がいなくてさびしい状態だったので、本大会の開会式がガラガラだったなんてことないように願うばかりです。

さて、由利本荘市西目町にあるりんご園、今年もわい化りんごがたわわに実ってます。でも、今年は集中豪雨の被害があるのか、例年よりも下に落ちているりんごが目立つような気もするのですが・・・

りんごはご存じの通り、品種によって収穫の時期が異なるのですが、私が好きなりんご'ふじ'は一番収穫が遅いので、毎年待たされるのですが、知り合いのりんご園の'ふじりんご'は、味を裏切らないところが良いところですね。

で、毎年恒例の「西目りんごまつり」開催中です(~11/11)。「道の駅 にしめ」でのイベントは第2、第4日曜日に開催です。りんごの皮むき競争や、重さ当てクイズなどがあり、参加すると商品がもらえたりします。
興味のある方、ぜひどうぞ!

イベントの時には、色々なりんご園のりんごを試食できますので、気に入ったところのものをその場で買い求めることができます。同じ西目町にあるのにりんご園によって味が違うんですよね。

そうそう、西目のりんご園の中に、「ゆうきファーム」というのがるのですが、これは有機栽培をしている農園という意味ではなく、オーナーの名前が「ゆうき」というだけなので、誤解のしないでくださいね。

西目町のわい化りんごの話題でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

チンパンジーの森

126 127

チンパンジーの森」、秋田市の大森山動物園にあるエリアなのですが、動物園を訪れると必ずここに立ち寄り、じっくりと観察をしてしまうほど私の好きな場所でもあります。
色んなしぐさや表情をしますが、人間にもそんな感じのやつ、いるよなあ~と、ついつい思ってしまうのですが、まあ、ヒトに最も近い種ですのでごく当り前のことかもしれませんね。

5年ほど前にこの森がオープンしたかと思うのですが、以前は狭いオリに閉じ込められていまして、今の状態をみると、ずいぶんと酷な状況で飼育をしていたことを実感します。
写真のように以前のオリは残されていて、人間のオリとして中に入り記念撮影ができるようになっているのですが、中に入ってみると窮屈さを体験できます。

128 129

昔、オリにいた頃のチンパンジーは過激な行動をとり、見物客を驚かせていたのですが、今はあまりそのような様子はありません。もちろん、ガラス越しに威嚇のような行動はとるのですが、オリにいた頃に比べるとおとなしいものです。

塔のてっぺんに座ってこちらを見下ろしている姿をみると、逆に人間界の愚かさを見下しているのかあとも思ってしまうのですが、実際には何かを考えているのでしょうかねえ?

この森、取り囲んでいるフェンスが低くて、簡単に乗り越えて逃げ出せそうに一見思えるのですが、お堀があるためにその心配は無いそうでして、水を怖がるというチンパンジーの性質をうまく利用しているんだそうです。
確かにお堀の側にいても水を触るということは決してしないところを見ると納得しますね。

この場に慣れれば、学習してここから逃げ出す方法を思いつきそうな気もしますが、そこまで知恵を発達させることができない点がヒトとは大きく違うことところなのでしょうか。
なんて、こんなことを考えることができるのもこのような飼育の仕方をしているおかげですよね。

日経トレンディという雑誌で「全国動物園ビックリ度格付け」という企画があり、全国にたくさんある動物園の中で第4位にこの大森山動物園が選ばれたぐらい、色々と魅力的な展示の仕方、見せ方をしている動物園なので、チンパンジーの他に何れ色々と紹介をしたいかと思っております。
その昔の大森山動物園しかイメージしない方は、変わりようにホント驚きますよ!

なかなか頑張って運営していると思うので、管理している秋田市がもっと積極的に投資して旭山動物園のように他県からたくさん人がやって来る動物園を目指せばと考えるのですが、今考えていることは宝くじ助成金で遊具を設置することだそうでして、遊ぶのは遊園地にまかせて動物園なんだから動物の展示に力を入れるべきでは?と言いたくなるわけです。
所詮、役所の考えることなのでそんなものですかね。

役所の行動はさておき、秋田には全国メディアで注目されるほど、魅力的な動物園があることを知っていただければと・・・

大森山動物園
秋田市浜田字潟端154
TEL : 018-828-5508
開園期間 : 3/17~12/2(期間中無休)
開演時間 : 9:00~16:30
入園料 : 大人500円(年間パスポート1200円)、中学生以下無料
無料駐車場あり
--------
冬期開園
1月、2月の土・日・祝日(1/1~3は除く)
入園料 : 大人300円(年間パスポートも有効)、中学生以下無料

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

コスモスまつり

631 632

由利本荘市の南由利原で、「鳥海高原南由利原コスモスまつり」というのが開催されていた(9/9~23)のですが、この間の休みにまだ咲いてるかなって見に行ったものの、写真通り時期を逃したようでして、花がかなり少なくなっておりました。時期ではなく、ここんところの大雨の影響かなあとも考えられるのですが・・・

期間中は1日だけ、イベントを開催する日があるのですが、そのイベントが予定されていた9/16は大雨でイベントは中止ということに相成りました。都合上、日を変えるということができなかったということで、中止を知らずに来てくれた家族には子供向けにお菓子を配ったとか、管理棟の職員さんが言っておりました。

633 この南由利原は大きくて立派なレクレーションの公園として整備されていて、湿原を周回するサイクリングロードなんてのもあります。せっかく来たので、湿原の方を見てみようと思い行ってみたのですが、雑草の刈り取りが丁寧には行われておらず、ちょっと不気味な感じのする状態でありました。
湿原を観察するために造られた木製の橋も壊れたまま放置されておりまして、観光ガイドでここを紹介しているのに放置しててよいのかなあと思ってしまうのであります。

広場にある野外ステージもかなり老朽化しているのが近づくと分かるのですが、メンテナンスなんてほとんどされていないのだろうなあと感じるわけです。
そのうち、突然ステージの天井が落ちてきてケガ人が出たなんてことにならなきゃなあと心配してしまいます。

由利本荘市の実質公債費比率は18%を越えているので、台所事情が苦しいのは分かるのですが、目的がよく分からない市街地の再開発に莫大なお金を投じるよりも、造ったものをまずは維持するということぐらいして欲しいものです。

家族で天気の良い日に遊びに行くのにはちょうど良い場所で、市民の憩いの場所になっているのですから、事故が起こらないようにメンテナンスをしておこうという意識が市の関係者の頭にあるのかどうか、老朽化しているものを見るとそう感じてしまうのですが・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

土田牧場

361 362

にかほ市の仁賀保高原にある「土田牧場」です。とっても天気の良い休日だったので、久々に仁賀保高原へ車を走らせてみました。
秋の行楽シーズンということもありたくさんの人たちでにぎわっていたのですが、頻繁に来ない私は、来るたびに施設が充実していっているなあという印象を受けたしだいです。

366 364

鳥海山をバックに、のんびりとした雰囲気であり、この日のような秋晴れの日には、とてもすがすがしい気分になれます。
ここに来ると、毎度、定番のジャージーソフト(300円)を買うわけなのですが、もちろん今回もちゃんといただきました。いつもと変わらず濃厚な味わいを楽しめました。

365363

ソフトクリームと並んで人気があるのが焼きソーセージ(小-ポーク 300円、大-ジャージー牛&ポーク 450円)でありまして、いつもならこれを買うところなのですが、今回はまだ食べたことのなかった、negooさんの書き込みで存在を知ったチーズトースト(550円)を買ってみました。おすすめの通り、とてもとてもおいしい一品でありました。

367 368

この他、ジンギスカンも楽しめる施設があるのですが、メニューにはジンギスカンだけでなく、ジャージー牛の焼肉も楽しめるようにメニューが増えていました。まあ、それだけ商売が順調だということですね。
売店にはこの牧場の商品がたくさん置いてあり、お土産として買い求めることもできます。

年内の営業は、雪の降り方にもよるそうですが、11月いっぱいは確実に営業しているそうです。にかほ市方面でのわか杉国体競技を見に来るついでに仁賀保高原へぜひどうぞ!

土田牧場
にかほ市馬場字冬師山4-6(仁賀保高原内)
TEL:0184-36-2348
営業時間:9時~17時
冬季は休業

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

小・中学校科学作品展

231 232

由利本荘市の本荘文化会館の会議室で開催された「第35回 小・中学校科学作品展」です。いわゆる、夏休みの自由研究の各学校の代表作品を集めて、審査し、展示しているものでして、特になんだということはない毎年恒例の展示会であります。

他の学校の子どもたちがどの様な作品を手がけているのか、子どもの目の肥やしになればと出かけてみたものですが、この種のものは見に来る人たちが限られていますので、やはり人影はまばらなものでありました。

233 234

小学校の低学年は、やはり昆虫や植物の観察が多く、昔からの定番の題材を選んでいる雰囲気がありましたが、高学年ともなると、水質や酸性雨など高度な内容になっているのが分かります。
時代でしょうか、水の他にもゴミとかエネルギーとか環境に関するものが多く、作品を見ていると真剣に子どもたちが自分たちの未来を心配しているのではないかなあという気がしてきます。

残念なのが中学校がどの様な参加形式になっているのか分からないのですが、作品がほとんど無かったことです。最近中学校は夏休みに自由研究をしないのかなあ、なんて思ってしまうくらいであります。

小学生と言えども立派な作品がたくさんあるのですが、小学校1、2年生がいくら何でもこのような発想はしないのでは?と思われる、大人(親)の手がかなり介入していそうな作品もあったことも、ちょいと気になるところでありました。

ということで、由利本荘市の小・中学校科学作品展のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

稔りの秋

Ho

由利本荘市西目町のとある田園風景です。遠くの背景にある鳥海山、雪渓が全く見えない状態にまでなりました。まあ、ひと夏を過ぎたので見えるほど残っている方がおかしいのですが、雪渓がある姿の方が個人的には鳥海山らしくて良い眺めだなと思っております。

田んぼの方は、黄金色に変わりもうすぐ収穫かなという印象であります。う~ん、新米が待ち遠しいです!
今年の作柄は良好とは聞いていますが、今週始めは県内大雨に見舞われたので場所により作柄がどうなるのか心配であります。特に北秋田市を中心に田んぼの被害が大きいようでして、自然災害とは言えもう少しで稲刈りだっただけに、こんなに雨が降らなくてもなあと思うわけですね。農作物だけでなく、特産品の比内地鶏も大打撃を受けたとかで、これからの出荷最盛期に向けてショックはかなり大きなものであったに違いありません。

さて、秋田のブランド米と言えば、「あきたこまち」ですね。で、あきたこまちに続くブランド米は出ないのかなと思っていたのですが、ちゃんと県の農業試験場では品種改良を続けていたそうでして、今度、「秋田89号」という品種がルーキーとして登場するかもしれないそうです。
でもって、只今、ブランド名を募集中だそうでして、良い名前が浮かんだ方は応募してみてはいかがでしょうか?全国に自分の名付けてお米が流通するのですからやりがいはあるかと・・・
私も2、3考えてみたのですが、ググッてみると既に名前が存在しているものばかりでして、私の陳腐な頭脳では所詮無理だなあと感じたしだいであります(笑)。
今なら、「う米ネイガー」でも良さそうな気はしますが、ブランド米ですからキャラクターにかけるなんてことは許されるわけがありませんね。その前に、地ビールがこの読みの名前だったような・・・

まあ、名前が決まり登録され、順調に事が運んでも、実際に本格的に作付けされるのは4年後だそうですから、このお米が食べられるようになるまでに決まった名前を忘れそうであります(笑)。
米所秋田のヒット作になるか、このお米の将来に期待しましょうね。

おいしいお米が食べられるのも、農家の方々が頑張ってお米を作っているからですね。
稔りの秋を向かえ、あらためて作っていただいている方々に「ありがとう」と感謝の気持ちであります。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

動物愛護フェスティバル

601 602

9/17(月)に秋田市の大森山動物園にて開催された毎年恒例の「2007あきた 動物愛護フェスティバル」です。9/20からの動物愛護週間にあわせての開催だそうですが、この動物愛護週間というのは「動物の愛護及び管理に関する法律」というのに定められているそうでして、このイベントを今回見に行って初めてそういうことを知りました。へぇ、そうなんだ、とまた一つ賢くなった気がする私でした(笑)。

さて、大雨洪水警報が発令されている中、動物園にわざわざ来るのは、このイベントの関係者か、私のようなもの好きだけ(笑)?ということでして、せっかくのイベントなのですが、当然のことながら人影はまばらとう状況でした。
まあ、私も秋田市への用事と動物園の年間パスポートがなければ来なかったのですけどね。

敬老の日ということで、オープニングのテープカットに続き、長寿の動物を飼っている飼い主への表彰(今回は16歳以上の犬猫の飼い主が対象)からイベントが始まりました。この後に行われるはずだった吹奏楽の演奏は中止になり残念でしたね。
そうそう、オープニングの挨拶での話、県内で保健所に持ち込まれる動物が毎年2000頭ぐらいいるそうでして、結構な数だなあと思いました。大半が赤ちゃんのうちはかわいくて飼ってはいたけど、大きくなり手に負えなくなったということで持ち込むそうですが・・・

603 604

雨なので、野外での動物へのふれあいはちょっと難しい状態でしたが、せっかく来たということで、ストーンペインティングで動物を作ろうというのとクイズラリーというのに参加しました。
絵心のない私は、何をか来ているのか分からない状態に、クイズは3択なのですが、動物のことを知らないと答えられないほど難しく、周りのもヒントがないクイズでして、半分しか正解できませんでした。雨に濡れながら頑張って園内を一周したのですが・・・(笑)

大雨に見舞われなければ盛大なイベントになったのしょうけど、天気ばかりはしかたがないですよね。
ということで、大森山動物園でのイベントの様子でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

いものこまつり

691 692

9/16(日)に横手市山内の鶴ヶ池公園で開催された「第21回 いものこまつり in 鶴ヶ池」です。この日は県内、イベントの集中日だったのですが、あいにく全域で雨模様でして、由利本荘市で開催予定だった「コスモスまつり」のイベントは中止、ということで、このお祭りに行ってみました。
里芋の収穫祭として、山内村時代から行われている毎年恒例のイベントなのですが、私が訪れたのは今回が初めてであります。

693 694

すっかり有名になったイベントですので、毎年会場ぎっしりとたくさんの人が来場するようなのですが、今年はさずがに大雨ということで、例年よりお客さんは少なかったようであります。
さて、ちょうどお昼に着いたので、うわさのいものこ汁(1杯350円)の即売のところへと行って買い求めました。人から具がいっぱいでとてもおいしいと聞いていたのですが、椀の中はそういった気配はなく、食べてみても、'?'と言った感想であります。てっきり豚汁だと思っていたのですが、肉は鶏肉でさらにびっくりしました。まあ、私だけが驚いているのかもしれませんが・・・

695 696

さて、いものこ汁にがっかりしながらも、これも恒例になった「全国いものこピラミッド競技大会」を見物にと会場の奥へと進みました。
いものこを3分以内に1チーム3人で、どれだけ高く積み上げることができるのかを競う競技なのですが、これまでの最高記録は129.8cmだそうです。えっ、そんなに積み上がるの?と思ったのですが、台を含めた高さだと分かり納得しました。
今年は雨で滑りやすかったためか、新記録の更新はなかったようです。

会場ではこの他、歌謡ショーや 超神ネイガーショウお囃子や御輿の披露などが行われ、夜の第二部には花火のイベントが企画されていました。
天気が良ければ花火を見てからとも思いましたが、雨の中ずっといるのも大変なので今回は早々と会場を後にしました。

雨の中、ずぶ濡れになりなりながらイベントを仕切っていたスタッフの皆様、ご苦労様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

親子でミニ四駆を作ろう

111 112

9/9(日)に秋田市の秋田拠点センター・アルヴェにて、市民交流プラザ主催の「親子でミニ四駆を作ろう」というイベントが行われました。とは言っても、秋田中央道路の歩行者天国のイベントで、駅東避難口をでたらそこがたまたまアルヴェだったので、中に入ってみたらこのイベントがあったということなのですが・・・
ちなみに、イベントの目的はミニ四駆を一緒に作ることで親子の絆を深めようということだそうです。

見たときには既に、ミニ四駆作りは終わっていたのですが、中では立派なレーシングコースが設けられ、ミニ四駆のレース大会が開催されているところでした。
また、レースコースとは別にミニ四駆の体験用のミニコースもあって、貸し出されたミニ四駆で遊んでみようということも行われていました。

113 114

ミニ四駆の組み立てには総勢二十数名が参加したそうでして、レースの見学や参加者もそれなりにいましてにぎわいを見せておりました。
歴代の販売されたミニ四駆も展示されていたので、それを懐かしそうに見物している人もいましたが、ミニ四駆には縁のなかった私にはかっこよさは分かっても、何が何やらさっぱりといったところですね。

そうそう、9/23(日)にはここではなく、秋田市の土崎公民館で「第39回 あそぼうミニ四駆大会」が9時から開催されるそうです。興味のある方はぜひどうぞ(問い合わせ先 : ミニ四駆あそぼう会 ℡018-857-3286 青崎)。

秋田拠点センターという場所にふさわしいイベントのように感じましたので、このような人が集まるイベントを仕掛けてほしいなあとは思うのですが、ここに来るのには駐車場代を気にしなきゃならないので、それがやっぱり問題だと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

にかほ市 吹奏楽の夕べ

431

9/8(土)に、にかほ市金浦の南極広場水上ステージにて開催された「にかほ市 吹奏楽の夕べ」です。2007南極フェアのイベントの一つとして行われた演奏会でして、毎年恒例となっているイベントでもあります。

毎回、演奏は自衛隊の音楽隊によるものでして、今年は三沢基地に所在している航空自衛隊 北部航空音楽隊が担当していました。年により、演奏担当が陸上自衛隊だったり、海上自衛隊だったりするため、それぞれの音楽隊の趣向により演奏の雰囲気が変わり、毎年聞きに来ていてもマンネリ化した感じがなく楽しむことができます。

432 今年の演奏は、古い曲ですが最近コマーシャルで使われている「ゲバゲバ90分」から始まり、「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「ジャパニーズ・グラフティー」と題して、'70年代の日本レコード大賞の曲や刑事ドラマの主題歌などが演奏された他、「豪石!超神ネイガー」を歌付きで演奏したりとか充実した演奏内容でした。

野外の水上ステージということで、音響効果が余りよくないのが少々不満なところなのですが、吹奏楽の演奏で楽しい一時を過ごすことができました。
そういえば、以前は、もう少し遅い時間から始まり、演奏会後には数は少ないものの花火の打ち上げがあったのですが、今年はなかったのが残念でした。昨今の緊縮財政じゃあしかたないのですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大歩行者天国

971

9/9(日)に秋田中央道路の一般公開として行われたイベント、「1日かぎりの大歩行者天国」です。9/15の開通前にしかできないトンネル内の歩行を楽しみましょう!というものでして、たくさんの人が訪れていました。公式には4万3千人ほどの人がトンネル内に入ったそうですが、普段、この地上をこのぐらいの人たちが行き交っていればさぞかし、秋田駅周辺の市街地は活気が出ることだろうと思ったしだいであります(笑)。

トンネル内は外の真夏のような暑さとは違い、20℃ぐらいということで、とても涼し状態でありました。トンネルの中には、この道路に関する展示の他、わか杉国体や全国植樹祭のPRコーナーがあり、来た人を飽きさせないためか、駄菓子屋や地産地消の市場などの出店やストリートパホーマンスなんてのも行われていました。
地上の旧日赤病院跡地のも出店があり、道路の見学会とは思えないほど、かなりのお祭りさわぎの状態でしたね。

972 973

中央街出口(なぜかここには出口しかない)から駅東避難口まで歩いてみましたが、トンネルの大きさは想像以上のものでとても立派であります。避難口は地上まで長い階段(ビル7階分ぐらいかな?)あり、それなりに時間がかかりましたので、いざというとき体の不自由な方やご年配の方は、本当に逃げれるのかなあ?と疑問に思ったしだいです。

さて、この秋田中央道、開通すればそれなりには便利になるのでしょうけど、なくてはならないものというよりは、あったら便利程度の道路のような気もします。事業費が700億円弱というのを考えると、秋田県民にとって最優先の事業だったのだろうかという気は、完成した今でもしております。おまけに地盤沈下までも誘発し、しかも3年間の事実を公表しなかった、県民向けというよりは、事業関係者向けの事業ということが見え見えであります。

この道路の開通で、秋田が活性化され、秋田駅周辺も活気満ちあふれことが期待されているそうですが、たかが、駅の東西を少し早く抜けれるようになっただけで、県や駅周辺の状況が好転するとはとても思えません。
生活の基盤としての商業スペースは既に郊外へ移動しており、今後人口は減っても、大幅に増加するということはないのですから、一度郊外に進出したものがここへ戻ってくるなんて、ありえないことであります。

このような最優先ではないことに莫大なお金を賭けるのであれば、深刻化している秋田県の医師不足を解消するとか、身近に困っていることに税金を使用して欲しいものです。
子育て、教育、森林保全のために増税することより先に、税金の使い方を改めることを考えていただきたいかと・・・

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

空の日

031 032

9/9(日)に秋田空港にて開催された「空の日 祭り 2007」です。毎年恒例の空の日にちなんだイベントですね。
台風一過のとても良い天気の中の開催でして、逆に天気が良すぎてとても秋だとは思えない暑さの中で行われたイベントでした。暑いのは予想していたので行きたくないなあと思っていたのですが、子どもが、管制塔の見学会に参加したいとうるさいので出かけてみました。この管制塔の見学会子どもだけで、親の立ち入りはダメということで、ほんと子どものために行ったという感じですね(笑)。

角館の伝統芸能のお披露目やジャンケン大会、デモフライトなどの他、出店などもいつものようにあったのですが、今回は大人気のちびっこ向けのパイロットの制服撮影会と航空教室がなかったためか、例年よりは混雑していないなあという印象でした。それとも天気の良さと他のイベントも多数重なっていた日なのでということですかね。

033 034

小型飛行機、ヘリコプターの展示をしてあったのですが、ここは普段は立ち入れない場所ですので、いつもは見れない角度から空港ビルや飛行機を眺めることができるので新鮮な感じがします。
災害時に出動する特殊車両の展示もありました。ここんところ地震や台風による自然災害が多いので、いつもより関心を持って見ている人たちが多いように思いました。

さて、せっかく来たので、場内バスツアーに参加です。これも毎年恒例のツアーでして、空港場内の外周を一周し、普段見れない場内の様子を見れるということで、整理券を求める長い列を待ち乗車をしたしだいです。とにかく何をするのにも暑くて大変です。

035 036

今回は今までに見たことが無かった、航空自衛隊の秋田救難隊の基地を見学できたので、これが一番個人的には良かったです。
災害時に救助時に出動するヘリや特殊車両、隊員の服や救助の使うグッズなどの展示があり勉強になりました。
秋田県の方で災害時に出動するヘリコプターを導入してからは、出動する機会が減ったとは言っていましたが、出動することがないような平穏な日々が一番ではあります。

あと、国際線ターミナルの方でも韓国に関する物産展などを行っていましたが、こちらは人気がないのかお客さんがいなくて、じっくりと楽しむことができましたね。

ということで、秋田空港で行われた空の日のイベントでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

炬火リレー

231

9/8(土)に由利本荘市西目町で行われた秋田わか杉国体の「炬火リレー」の様子です。県内各地で炬火リレーを行い、開会式当日に引き継がれるわけですが、由利本荘市内を駆け巡っているリレーは、お隣のにかほ市で採火された炬火であります。

232 当日は台風9号の影響が心配されたのですが、台風一過の良い天気のもと無事に炬火リレーを行うことができました。
昨日は、本荘地域→西目地域→由利地域→矢島地域でしたが、本日は引き続き、由利本荘市内の鳥海地域→東由利地域→大内地域→岩城地域の順で炬火リレーが行われます。

で、炬火の中継場所で先のリレー場所から炬火が来るのを待たされたわりには、西目町内で走る距離がたったの1kmであり、あっと言う間の出来事でありました。せっかくなのでもうちょっと走ればとも感じたのですが・・・

さて、わか杉国体の開会式は9/29(土)に迫りました。盛り上がることを期待しているのですが、昨日の炬火リレー、沿道に来た人々が意外に少なかったのでちょいと心配ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ぶどう祭り

291

9月になったということで、由利本荘市西目町のハーブワールドAKITAで「ぶどう祭り」開催中です(~9/24まで)。
今年も出来が良く、大粒のぶどうが実りました。試食してみましたが、とてもおいしかったです。園内には、巨峰、藤稔、ゴルビーなど20種類ものぶどう達があり、ぶどう狩りに来客する皆さんを楽しませてくれます。

292 ぶどう狩りとジンギスカンと1kgのぶどうの持ち帰りという、「食べて食べて持ってカエル」というお得なチケット(2300円)も販売されていますので、ちょっとしたピクニック気分が手軽に味わえます。
9/15(土) 18:00からは「シャンソンの夕べ」と題した飲み放題・食べ放題のぶどうパーティー(4000円)も開催されるそうです。

毎日曜日には、ぶどうの種飛ばし選手権やぶどうの重さ当てクイズも開催されるそうです。ぶどう狩りを楽しみたいと考えていた方、西目町のハーブワールドAKITAを候補に入れてみてはいかがですか?

そうそう、日頃の感謝を込めて、年内中は(といっても営業は11/4までですが・・・)入園料が無料だそうです。日頃ここが気になっていた方にはちょうど良い来園のちゃんすですね。

台風9号が心配ですが週末のお出かけスポットに考えてみてください。

ハーブワールドAKITA
由利本荘市西目町沼田字新道下490-5
TEL:0184-33-4150

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

仲小路Jazz Festival

581

9/1(土)~2(日)に秋田市の旧日赤病院跡地で開催された「仲小路Jazz Festival」です。
仲小路Jazzフェスティバル実行委員会という組織が主催して開催された今回が初の試みのイベントでもあります。空洞化している秋田市の中心市街地を活性化させよう!というのが目的だそうでして、音楽愛好者を中心にして集まった同士たちの努力により開催されたものです。

Jazzコンサートがメインでありますが、それだけではなく、ロックあり、フラメンコにサルサ、ゴスペルもありと多彩な内容のイベントでして、フリーマーケットも同時に開催されるという力の入れようです。

582 「秋田市にもっと活気を」と思っている若者も積極的にこのイベントに参加したそうでして、頼もしい限りであります。
会場にはたくさんの人たちが訪れてたので、主催者の思いが通じたのかなという気がしますね。

休日の一時、秋田の街角で良い音楽を堪能させていただきました。街の活性化は行政の力ではなく、市民のパワーで行わないといけないという良い実例になったのではないかと思っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

うご牛まつり

771 772

羽後町の五輪坂温泉としとらんどで9/2(日)に開催された「第23回 うご牛まつり」です。ちなみに牛はべごと読ませています。羽後町特産の黒毛和牛を堪能しましょうということで、毎年9月に開催されいる野外焼き肉大パーティーのイベントであります。

ずいぶんと前から行われているようには思っていましたが、今年で23回目というのですから、たいしたものであります。前々から一度入ってみたいとは思っていたのですが、ようやく今年、足を運ぶことができました。
以前のイベントの様子の写真を見るとかなりたくさんの人が来ているようなイメージがありましたが、実際に行ってみると、それどでもないという印象です。まあ、23年前に比べると人口が減少していますからしかたがないのかもしれませんね。

773 774

さて、会場では250g入りの羽後牛のパックを2000円で販売しており、これに野菜とタレと炭火付きの鉄板が無償で提供されます。でもって、これを購入しお昼ご飯にと、おいしく堪能させていただきました。

後はビールがあればですが、車があるのでそこは我慢我慢と・・・(笑)

焼き肉の他、会場では懐メロコンサートなるカラオケ大会や、大声を競い合う絶叫大会などが行われていまして、常連さんと思われる人たちを中心に楽しんでおりました。
フリーマーケットも開催されていましたが、こちらの方はお客さんが少なくて大変だろうなあという感じでありましたね。

ということで、うご牛まつりでした。
えっ、由利牛とどっちがおいしいかって?えーと、答えにくいので両方ということにしておきましょう(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (2)
|

あきたエコ&リサイクルフェスティバル

241 242

県の記念日協賛イベントとして、9/1、2に開催されました「第7回あきたエコ&リサイクルフェスティバル」です。秋田駅前アゴラ広場、買物大屋根「ビックルーフ」、ぽぽろーどを使っての大きなイベントでありました。
由利本荘市この種のエコのイベントを開催しても協賛も少なく、規模も小さなもので、人もそんなのたくさん来ないのですが、さすがは秋田市での開催ですね、集客力が良くない駅前にもかかわらずたくさんの人が見に来ておりました。

木工細工や絵を描いてオリジナルのマイエコバッグを作ろうなどの子供向けの体験コーナーや協賛企業、各種団体が趣向を凝らしたエコに関する展示がありまして、展示の内容はここで紹介しきれないほど充実したものでありました。

各ブースを回るともらえるスタンプラリーが一番人気のようでして、展示内容はともかく、まずはスタンプをゲットという光景があちらこちらで見られたのですが、せっかく展示しているのだからもう少し、内容を見てあげればという思いがしました。
周辺のゴミを拾って景品をもらいましょうというのもあったのですが、ゴミを拾うために用意した袋に使うエネルギーがエコという言葉に対し気になったところです。

243 244

まあとにかくいろんな展示があったのですが、貴重な体験では、電子回路基板から貴金属をリサイクルするということで注目を集めている企業さんが、13kgの金のインゴット(時価約3400万円)を持たせてくれるというものがありました。
これを持って逃げようかと思いましたが、ちゃんとセコムの人が数名見守っておりました。警備員がいなくても13kgを持って走るのは容易ではないのですが・・・(笑)

「秋田菜の花ネットワーク」という団体が菜種油に関する展示を行っていましたが、秋田県は農業国なので、これから先拡大するのにピッタリな事業ではという印象でした。

自転車をこいで発電してミキサーを動かし、バナナジュースを作ってみましょうという体験コーナーがあり、子どもが飲みたいというので軽い気持ちで挑戦してみましたが、予想外に体力を使い後悔しました(笑)。電気エネルギーを人力で得る大変さをあらためて知りました。

色々エコに関する情報が得られたイベントでしたが、説明のために配られた雑誌やリーフレットがちゃんとリサイクルされゴミにならなければ良いのだけどと思いながら会場を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

JA10周年記念祭

691 692

由利本荘市のJA秋田しんせい本店で、9/2(日)に行われました「JA秋田しんせい合併10周年記念祭」の様子です。本来は見に行く予定ではなかったのですが、本荘大橋の通行止めに伴い行こうと思っていた、「日沿道ウォーキング大会」が中止になったので、このお祭りに顔を出してみました。

同じ10周年記念イベントでも西目でのJA夏まつりは人があまりいなかったのですが、旧本荘市での開催という場所柄、超神ネイガーショウの開催、さらに、抽選会の1等商品が「香港マカオ新圳5日間の旅ペアご招待」ということもあってか、駐車スペースの確保に困るほどたくさんの人がイベントに参加していました。
ちなみに、今日のネイガーとネイガーマイの内蔵は偽物かなという感じでしたが・・・

693 694

屋台コーナーの他、天鷺ワインミルジーなどの協賛店の販売、動物ふれあいコーナー、アンケートに答えてJAバンクグッズをもらおう、子ども向けのお菓子やイワナのつかみ捕り、記念コンサートなど、ここに書ききれないほど盛りだくさんの内容で、とてもにぎやかなイベントでありました。

個人的には、イワナの塩焼きが1匹200円で販売されていたのがヒットでした。炭火で焼かれた焼きたてのイワナはとてもおいしかったです。一緒にビールが飲めればもっと最高でしたが・・・(笑)

と言うことで、JA秋田しんせいのお祭りの様子でした。
でも、自動車専用道、歩くのを楽しみにしていたのだけどなあ~、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本荘大橋

P031

国道7号線、子吉川に架かる「本荘大橋」です。8/31(金)の夜から全面通行止めであります。どこにでもあるようなこれと言って特徴のないごく普通のトラス橋ですが、いざ通行止めとなると、目の前の場所に行くにしても果てしない迂回が必要であり、あらためて橋というのが交通の要になっていることを痛感するのであります。

昨今の橋の騒ぎにより緊急点検した結果、本荘大橋にも腐食が見つかり橋の補修をするということで、その作業をしていたところ、重量級の車両が通ったときに、補修していたH型鋼材が破断したそうでして、通行止めとあいなりました。

コンクリートで固められていたところをほじくり出したのですから、当然弱くなるはず、でも、大型車両の通行止めをしないで作業を強引に行ったのが破断を招いたようです。
補修するはずの業者が、国道の橋を壊して通行止めにするなんて、公共事業が年々減らされていることへの対抗措置か?と考えてしまうわけでして・・・(笑)
補修するはずのH型鋼材が破断したので補修工法を変える必要があるとかで、復旧の目処は全く立っていないと報道されております。
亀裂が広がっていることを認識していながら何も処置をしなかったそうでして、現場の責任者は何をしていたんだろうと、あきれてしまいますね。

P032 笑っている場合でなく、大変な不便さを昨日も実感したのですが、こんなときこそ、国道7号線のバイパス昨日を持っている新しく造った、にかほ~岩城間の自動車専用道路、既に完成しているのですから、緊急開放するべきだと思うのですがどうなのでしょうかねえ?
超硬よりも固いお役人の頭ですから、何があろうとも17日までは開放しないのでしょうけど、県知事をはじめ、関係各市の首長は国交省に緊急要請をしていただきたいかと。
国交省の失策により市民に迷惑をかけているのですからこれくらいのことをしてもと思うのですが、国民の方を向いて仕事をしない人たちに何をいったも無駄なんでしょうねえ?

でも、もともと補修は緊急性がないと言っていたはず、だったら、9/17の自動車専用道路の開通を待って、それから本荘大橋を通行止めにして、補修工事をすればこんな悲惨な結果にならなかったはずです。
これがまさにお役所仕事というやつなのでしょうけど、責任を誰も取らなくてよいお役所はリスク管理をしないので、困ったものであります。そして結局いつも割を食うのは市民なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »