« 土砂崩れ | トップページ | ラベンダーフェア »

秋田蕗

101

秋田の名物の一つ大きな「秋田蕗」の蕗刈り撮影会が6/16(土)に開催された時の写真です。毎年この時期恒例のイベントです。秋田市仁井田の蕗畑(今年は熊谷武夫さん宅の蕗畑)にて、あきた観光レディがモデルとなり撮影会を行うというものであります。

秋田音頭でも傘の代わりになると歌われていますが、人の背丈ほどある大きな蕗であります。よく、この蕗、食べることができないのではと思われるのですが、ちゃんと、普通の蕗と同じくおいしくいただくことができます。

102 103

あまり需要がないのと育てるのが難しいということで、栽培している方々も少ないようですが、最近は蕗粉の開発がされるなど新たな需要が見込まれるようになったため、栽培に弾みがつくのではと期待されているようです。
貴重な秋田の蕗ですから後世に残るように需要が伸びることを期待したですね。

余談ですが、今年のモデルさんたち、笑顔がいまひとつだったので、「やっぱり緊張して、笑顔を作るのは難しいのですか」と、後で聞いてみたのですが、「朝早くからなので、だるいから」と答えが返ってきました。なるほどと思うと同時に、秋田を宣伝する観光レディなんだから、もう少し気合いをもってと思ったしだいであります。

|
|

« 土砂崩れ | トップページ | ラベンダーフェア »

Event」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。初めまして。
ちゃたさんのところからお邪魔しました。
秋田蕗は初めてです。本当に大きな蕗なんですねぇ!
需要が少なくて育てるのも難しいとなれば、地方に出ることはめったにないのでしょうね。
蕗娘さんもこんなに沢山のカメラマンに見つめられて緊張するでしょうね。
またお邪魔させてくださいね。

投稿: ハッチの花散歩 | 2007/06/19 09:48

ハッチの花散歩さんへ

ようこそ、コメントありがとうございます。

大きさでは日本一の蕗と言われています。食べれば通常の蕗と変わらないのですが、逆に格別のおいしさを持つわけではないため、大きすぎて流通の不便さゆえに出回らないのかなととも思っています。
秋田県内でも普通には売ってませんからね。

ということで、蕗を見たい人は秋田に来るべしとPRをしておきます。

投稿: arube | 2007/06/19 21:14

なんか蕗がおちょこになってて見栄えがいまひとつですね。限られた面積で栽培するとこうなってしまうんでしょうか。記憶にある秋田蕗より小ぶりな気がします。これだと農家に普通に生えてるサトイモの葉っぱの方が大きそうな気がしますね。(ちなみに世界最大のサトイモの葉は、畳2畳分あるそうですよ)
大きさを強調するなら秋田レディより ぴかぴの一年生に切った蓮の傘を差させたほうがインパクトありそうな気がします。
 ま、レディ達もあの体勢でずーっとだと、さすがに笑顔も消えることでしょう。(^o^;)ヾ
 秋田蕗は名物だけど、あまり食べた~いっと思わないのが難点ですね。

投稿: ちゃた | 2007/06/22 00:53

ちゃたさんへ

するどいですね、確かに、今年は小振りになり出来がいまひとつだと農家の方がそう言っていました。

狭い畑で、大事に囲われて育てられているので、ちゃたさんが言うようになるのですかね。

地元の小学生は児童館での蕗刈り会があるとかで、この撮影会には関係がないようですね。

投稿: arube | 2007/06/22 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/6804507

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田蕗:

« 土砂崩れ | トップページ | ラベンダーフェア »