« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

大晦日ですが

さて今年も今日で終わり、7月からこのブログを始めましたが、私の主観的な記事にもかかわらず、色々なコメントををいただきましてありがとうございました。来年も秋田のことを色々と紹介できればと考えております。

さて、今年の秋田県、総括するとやはり暗いニュースが先頭に立ってしまいます。今年の世相を表す漢字は「命」ですが、この言葉を秋田で起こった事件で深く考えさせられることになるとは年頭には誰も思わなかったではと思います。
忘れることのできない悲惨な事件ですが、来年以降はこのような出来事が起こらないことを祈っております。

県内の明るい話題の立役者はやはり、スポーツの世界ではなかったでしょうか? 高校、社会人、野球やサッカーで明るく秋田県を元気づけてくれる話題がいっぱいでした。日本人女性初のK2登頂成功なんてビックリするうれしいニュースもありました。昨日も秋田高校がラグビーで3回戦進出と年末に明るい話題を提供してくれています。

こんなに元気な話題を提供してくれている一方で、県の行政は、県民をおとしいれる政策しか考えず、秋田県を潰したいのかな?と思ってしまうことばかりです。ということで今日の本題です。

この間も、森林税に関する委員会の記事がありましたが、2回目のアンケート結果で反対が前回よりも10ポイントと増えて24%になったことを県は真摯に受け止めているのでしょうか?と聞きたくなります。
でも、条件付きながら68%の人が、賛成しているのには驚きましたね。秋田県民の人の良さがアンケートに出ているのでしょうか?年間1000円程度ならOKと言う人が多かったようですが・・・
でも、みなさん、騙されてはダメですよ! この税金は森林保護と言いながら結局、県の都合の良いように使われ、森林保護なんて内容から程遠いものへ消えていくことでしょう!その証拠に県はこの税金をどの様に使うのか、未だ明らかにしておりません。そうです、言うと反対されるような内容を考えているので開示できるはずがないと推測できます。
予想するに、森林組合の建物が老朽化したので建て替えるとか、まずは、林道の整備からといってスーパー林道を作り始めるとか、県民がイメージしている植林、植樹なんてことにはほとんど使われないで消えてしまうことでしょう。
県の役人なんて県民のことは全く考えてませんからそんなものです。森林保護というイメージを使って、県民に対して公の詐欺をしようと考えているだけです。
委員そのものも、県が選んだ県に対するYesマンばかりですから、結局は賛成の答申をすることでしょう。ということは導入は決定されているようなものでして・・・

そもそも、税金が足りなくなるのは県民の割合に対して、県の一般行政の職員の数が多すぎるからです。人件費で税金が浪費されているためこのような新たな県民税の導入なんてものを出しているだけです。
県の一般行政の職員を減らしスリム化すれば、まずは増税しなくてもOKと考えるのですがね。例えば、秋田県の10倍以上の規模の住民がいる東京都は、都民総数に対する一般行政の職員の割合は0.17%です。でも、秋田県は同じ数字を見ると、その倍以上の0.38%にもなります
秋田県民総数に対して職員が多すぎるので県民が支えきれなくても当然かと思います。県は平成23年の4月には一般行政の職員数を3500人にすると言っておりますが、人口減少のスピードを考えると、2000人そこそこにしないと、さらに将来大きな増税を県民に提案することになるでしょう。

だいだい、県の公務員の給与水準高すぎます。最近記事に出ていましたが、都道府県別に見て上から19番目に位置しています。しかも国を100とした場合に秋田県は100.1と国の水準をも上回っています。県民の平均所得が全国で最低レベルのとろろに位置しているのとは大違いです。
このようにぬくぬくと税金をむさぼり暮らしている県の職員が考えることですから、県民が悲鳴を上げるような提案を平気でしてしまうこともうなずけることですね。
県知事をはじめ、県議会議員、県の職員にとって県民は「ポチ」にしか見えないのでしょうか?

そういえば、「子育て・教育新税」についての意見を県議会のHP上で募集していますね。1月20日までだそうなので、ここへアクセスしてみんなで意見を書き込みましょう。
何を書けばい良いの?なんて思うでしょうが、簡単です。新県民税ができれば、秋田を出て行きますとみんなで書き込めばOKです。とくに、中学生から大学生の世代が書き込めばインパクトは大きいのではと考えます。
県外の大学にいる秋田県出身者が、「増税するのであれば、二度と秋田には戻らない」と書き込めばいいのではとも思います。
税の使い方の構成や県の組織のリストラが先であるのに、いきなり増税はひどすぎます。

これについてはそのうちまた書きますが、税金の使い道は県民の考えと程遠いものになると思っております。だって、これまで県がやってきたことをみれば分かるじゃないですか? 騙されませんよ。
来年この議論が県議会で議論されることになりますが、県民が行政を監視していないと、住むに値しない県になってしまいます。県民のみなさん、意見をどんどん送りつけましょう!大晦日ですが県に対して突っ込みを入れずに入られないarubeでした。

それではみさなさん良いお年をお迎えください。来年もご愛顧の程よろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活ブログへ  ご訪問ありがとうございます。
       ↑  よろしければ1クリック投票にご協力をお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

あれから一年

去年のクリスマスは大雪で、外には出かけたくないような荒天でした。ホワイトクリスマスなんて言ってられないような地吹雪でカゼも強く、車を走らせるのも容易ではない程でした。

そんなクリスマスの夜、突然TVの画面に"秋田発新潟行き特急「いなほ14号」が脱線" のニュース速報が流れました。

そうです、2005年12月25日午後7時14分、山形県庄内町榎木のJR羽越線砂越-北余目駅間で、秋田発新潟行き特急「いなほ14号」が最上川にかかる鉄橋通過後に脱線し転覆した、羽越線特急脱線転覆事故のことです。
この事故で、5人が死亡し、32人が重軽傷を負っうことになりました。

事故はお隣の山形県で起きたのですが、犠牲者の中に秋田県在住の方も含まれており、年末県内を駆け巡った暗いニュースとなりました。
早いものであれから一年が経過しました。事故の原因は積乱雲から下に吹き付けるダウンバーストや竜巻だそうですが、未だに事故の調査が続けられているようです。

今年は去年とは違い暖冬、雪もなく、比較的穏やかな天気が続いています。歴史に"たら・れば"は禁物ですが、去年もこのような天気であれば事故が起こらなかったのではと思うととても残念でなりません。

事故の犠牲者は全員が一両目のしかも真ん中付近に座っていた人たちばかりです。同じ車両でも前後に座っていた人は助かっていますし、違う車両の人も助かっております。
電車自身も悪天候により遅れての運行でしたので、定刻通りに走っていれば突風に遭わなかったのかもしれません。色々な偶然が重なり事故が起き、そして亡くなられた方がいると考えると運命のいたずらというのは残酷であるなとも思います。

羽越線は秋田県にとって重要な交通手段ですが、常に日本化から吹き付ける強風の危険にさらされていたんだということをあらためて認識させられた事故でもりました。
いくら科学が進歩した世の中とは言え、自然の猛威には手が出せないということの証でもあります。

今日は現場で亡くなられた方の追悼式があるそうですが、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしております。
合掌。二度とこのような事故がないことも祈って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

科学フェスティバル

Photo_6 Photo_180 小・中学生のための「第3回 科学フェスティバル」が由利本荘市の由利本荘市総合体育館で12/9(土)に開催された時の様子です。由利本荘市教育委員会の主催です。
小学校から事前に案内をもらっていたので、子どもと一緒に行ってきました。先にブログでイベントの予告すれば良かったのですが・・・

会場がとても広いので、写真では閑散として見えますが、たくさんの小学生(見学の中学生はあまり見ませんでした)が親と一緒に参加していました。

1_12 会場では、ボランティアスタッフによるマグネットピンを作り、万華鏡作り、空気鉄砲、液体窒素によるマイナス196℃の体験コーナーなど、40種類近くの科学の実験のデモや原理を説明しながらのものづくり体験、自然のものを使っての工作教室など科学の体験の他、数学のパズルゲームや百マス計算のタイムトライアルなんてのも開催されていました。

Photo_181Photo_182 写真で子どもたちの熱心な様子が分かるかと思いますが、中学生たちも実際にデモのかかりになり、綿あめやカルメ焼きなどを作製して小学生を指導していました。
ミニ気球を飛ばす体験、大きな体育館なので、子供たちはどこまで上がるのだろうと真剣なまなざしで見つめていしたね。

子どもの理科離れが懸念されている世の中ですが、会場でデモ をじっと見つめている子ども達の顔を見ていると、理科が嫌いな子どもが多いなんて想像できないほどでした。

毎年開催されているそうですが子どもたちの科学への興味を高めるためにも毎年続けて欲しいなと思ったイベントでした。

にほんブログ村 地域生活ブログへ  ご訪問ありがとうございます。
       ↑  よろしければ1クリック投票にご協力をお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »