« あきた夏丸、海外へ | トップページ | 有効求人倍率 »

由利牛のブランド化

鳥海山麓の豊かな自然の中で育てられた肉用牛として「由利牛」なるものがあります。
これまでは、子牛の産地として知られていましたが、子牛だけでなく、牛肉そのものを
由利牛ブランドで出荷しようということで、今年の2月に「秋田由利牛振興協議会」なるものを由利本荘市の商工会が中心になって立ち上げました。

そこで一言、立ち上げたのはいいのですが、なぜか、宣伝のための由利牛の公式HPもなく、どんな具体的な活動をしているのかさっぱりわかりません。
秋田県民ののんびり感と人任せの体質が現れているのでしょうか?ブランド牛としては全国的にみてもかなり後発ですから、がんがんとせめないと一向に全国に知れ渡る牛肉にはならないと思うのでとても心配です。

商工会の人たちは会議と言って集まって、反省会だということでお酒が飲めればいいのでしょうが、これでは、期待している農家の人たちがかわいそうです。
何事にももたもたとして、今何をやらないと明日困ることになるなんて考えずに行動をしているからいつまでたっても秋田県は他の県のように商売が活性化しないのです。

少なくともネットの時代ですから、HPを立ち上げて、どこに行けば、由利牛が買えるのか、
どのように育てられて、品質管理されいるのか、安全性の保障は、といったことが分かるようにする。
由利牛が育てる人によってなるべくばらつきがないようにする指導を行う。
由利本荘市内に由利牛のフルコースが食べるこことができる宣伝のためのレストランを設け、観光客や出張者が気軽に食べてもらい、口コミで人気が上がるようにする。
毎年和牛の全国規模の品評会に参加して優勝を目指す仕組みを作る。
ちょっと考えただけでもやらなければならないことはいっぱいあるはずですが、先に書いたように具体的な活動がみえません。

商工会はなかよしクラブではありません。ちゃんと活動をしてほしいものです。

|
|

« あきた夏丸、海外へ | トップページ | 有効求人倍率 »

Quip」カテゴリの記事

コメント

由利牛は、私の地元です。この辺のスーパーにのぼりを飾っているだけだったのですか・・・?味見しましたが、とても美味しい肉でした。自信を持って行動してほしいものです。
『ブランド化』と、騒いでいた割には、何も進んでいなかったのですかね~。思い尻を何とかしてほしいものです。

投稿: ペチママ | 2006/09/04 11:29

ペチママさんへ
私も食べたことがあり、とてもおいしいのになぜもっと積極的に売りに出ないのかと思いこの記事を書きました。
商売は売る側が積極的でないと繁盛しないのですけど。

投稿: arube | 2006/09/04 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/3253568

この記事へのトラックバック一覧です: 由利牛のブランド化:

« あきた夏丸、海外へ | トップページ | 有効求人倍率 »