« イベントと平成の大合併 | トップページ | なんばこ »

あきた夏丸

  'あきたはなまる' の間違いではありません、'あきた夏丸' です。 何かというと、秋田の夏の名産品として売りだし中のスイカのブランド名です。   

  秋田県でスイカの名産地はというと昔から旧雄物川町(現横手市)ですが、ここで、県の試験場で開発された新種を試験栽培から本格的な商業栽培へ移行の最中のようです。
  作付け面積がかなり広くなったとかで、今年はばんばんと出荷されるようなことを効いています。

   大玉の赤肉スイカですが、特徴はシャリシャリ感が強く、糖度も13%弱と一般的なスイカと比べ高い数値を誇っております。
  首都圏へも出荷されおり、来月の初めには、東京の太田市場で大ピーアール作戦を実施する。首都圏の方、ぜひ秋田のブランドスイカを探してみてください。

  そうそう、この町にはスイカの加工食品があります。'すいか糖' と呼ばれるもので、スイカの汁を煮詰めて造ったものだそうです。生産中止になり一時期は姿を消していたそうです、
地元の主婦連が後世に伝えたいということで復活させたそうです。
 昔からあるもので、昔は民間薬としても利用されていたとか、今でも健康補助食品として流通しているようです。
 こんな面白いものがあるということは、この町は伝統的なスカイの名産地ということですね。

 今日はスイカの紹介でした。

|
|

« イベントと平成の大合併 | トップページ | なんばこ »

Gourmet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/2820620

この記事へのトラックバック一覧です: あきた夏丸:

« イベントと平成の大合併 | トップページ | なんばこ »