« 秋の宮山荘 | トップページ | 超神ネイガー ホリデーにっぽんに登場 »

あきた空港

    秋田の空の玄関と言えば、ご存じ秋田空港です。秋田には大館能代空港もありますが、やっぱり、メインは秋田空港の方です。
  地方の田舎空港としては、就航している地域が多く、東京はもちろんのこと、大阪、名古屋、札幌、海外は韓国ソウルにまで飛んでいます。
  便数も、大阪、名古屋でも1日、3往復もあり、田舎空港の割にはにぎやかな空港です。

  利用客も多いので、この7月からは、なんと、空港内にコンビニまでオープンしてしまいました。さぞかし、既存のレストランは驚異のことでしょうけどね?
  朝は、7時過ぎに東京への1便が飛ぶのでこのコンビニ誕生は、我々サラリーマンの強い味方ですね。

  本題として、秋田市内から離れた山の中にある空港なので、マイカーで行くことがほとんどなのですが、なぜか地方空港なのに、駐車料金をちゃっかりと徴収されます。丸1日の駐車で500円取られます。
  4日連続以上の駐車は料金2000円固定でそれ以上取られないのですが、地方空港で土地があり余っているのに料金を取るのは非常に珍しいかと思っています。
  お隣、山形県の庄内空港は駐車料金はとりません。地方空港ならこれが当り前です。だって、マイカーじゃあなきゃ原則空港に行くのは不便なのだから!
  お金を取って、空港の維持に活用しているのならいいのですが、儲けたお金は、空港ビル管理会社でインチキな用途に使っていることもあり、どうも気に入りません。以前、知事の交際費で問題になりました。まだ、この問題はうやむやのままで解決はしていませんが、似たようなことは今でも続いているんでしょうね?

  駐車場、料金を取る割には、空港ビルから遠いところばかりで、大変不便です。便数が多いので駐車場を立体化してもっと便利にと、昔から議論されていますが、上述のビル会社の不正問題で頓挫したままです。困っているのは庶民だけで、県のお偉いさんは、送り迎え付きなので、この不便さはまったく気にはしないんでしょうけど?

  秋田県の空港なので、冬はさぞかし雪で欠航便が増えるかと思われがちなのですが、意外なことに大雪でJRの電車が止まっていても、空港ちゃんと機能しているほど雪には強い設計になっています。
  それでおもしろいことに、欠航しやすい気象条件というのが、雪ではなく霧の発生です。近くに雄物川という川が流れているのですが、この川の水温と気温との差が生じやすく、霧が大発生して、飛行機が欠航するということが多いのです。
  前の日の気温に対して、早朝気温が急激に下がり、天気がよい日は、霧が発生しやすいので、そんな日は朝一便に乗って出張の予定が合ったりすると、ひやひやもので、空港に出かけたりすることも珍しくはありません。

  こんな秋田空港ですが、空の玄関なので利用するしかしかたありません。秋田に来たことのな人は、飛行機に乗って是非、秋田に来てください。飛行機が山の中に墜落するのではないかと思うような着陸の光景を見ることができます。ほんとに、どこに降りちゃうんだろうなあと思うような着陸の光景です。

|
|

« 秋の宮山荘 | トップページ | 超神ネイガー ホリデーにっぽんに登場 »

Facilities, Place」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/125078/2618580

この記事へのトラックバック一覧です: あきた空港:

« 秋の宮山荘 | トップページ | 超神ネイガー ホリデーにっぽんに登場 »